離婚したくないんです

「離婚したくない」「離婚問題を回避したい」「離婚しようか迷っている」という方、

考えれば、考える程に、様々な問題や解決しなければいけないこと、

決めきれないことなどが積み重なってしまって決断できずにいるという方も大勢いらっしゃいます。

離婚について、いまだに踏ん切りがついていない、または、もう一度冷静に話し会いたい、など、離婚したくないと思ったときには

  • 信頼できる第三者を介して話し合う
  • 離婚のカウンセリングを夫婦一緒に受ける
  • 夫婦関係円満調停を利用する

ことも考えてみましょう。

まずは、夫婦関係を改善しようと考えてみることも大切

ただただ、離婚に向けてまっしぐらという考え方も一つですが、なんとか修復できないかと試みてみることもひとつです。

調停で円満解決の話し合いをする

「夫婦関係円満調停」を家庭裁判所に申し立てる事で、「夫婦関係をやり直すための円満解決に向けた話し合い」を求めることができます。
調停を利用するには、家庭裁判所に「夫婦関係調整調停の申立書」に必要事項を記入し提出します。

夫婦関係調停申立書の書き方

申立先:相手方の居住地の家庭裁判所、もしくは、当事者が合意で定める家庭裁判所
申し立てに必要な書類、諸費用などについては最高裁判所のホームページをご覧ください

夫婦関係調整〔円満)調停の申立書の記載例(最高裁判所ホームページ)

夫婦関係調停の流れ

調停では、民間から選ばれた調停委員2名の調停委員会が間に入って、お互いのいい分や事情を聞き、問題点を解決に導く為に、夫婦関係の調整を図ってくれます。
夫婦が円満な状態に戻れば、調停はいつでも取り下げることができますし、途中の段階で逆に離婚の意思がお互いに固まった場合には、離婚調停に切り替えることもできます。

調停での話し合いがまとまると、「調停成立」となり、その結果として「調停調書」が作成されます。

調停調書は、調停後にお互いが協力して「円満な家庭生活」を回復するように努力するため遵守する項目を記載するので、調停申立の前に、自分からの要望や希望をまとめておくことをおすすめします。

  • 家事・育児に協力してほしい、おろそかにしないでほしい
  • 別居状態を解消してほしい
  • 異性問題で迷惑をかけないでほしい
  • 深酒をやめてほしい
  • 衝動買い・ギャンブルをやめてほしい
  • 暴力・暴言をやめてほしい
  • 消費者金融等からの借金するのをやめてほしい
  • 生活費を渡してほしい

など、あなたが感じた事はリストアップしてみるといいでしょう。

しかし、逆に相手からも同様のリストが上がってくる事は考えられますが、その場合には素直に受け止める気持ちも必要だと思います。

ここで、自分の意見は押し通そうとするが、相手の意見は全く聞こうとしないという姿勢は、

仮に、離婚調停や裁判などにすすんだ時には不利に働いてしまう事もあるので注意が必要です。

とはいえ、離婚はしたくないが、相手に改善してもらいたいことがはっきりしているのであれば、円満調停制度を利用してみましょう。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ