離婚を考えているあなたへのメッセージ

人生は一度しかありません。

残りの人生は、あなたが思っているよりも、
ひょっとすると長いものではないのかもしれません。
では、どうすれば、その残りの人生を「幸せ」に暮らしていけるのでしょうか。

あなたは「今」ひとりで悩んでいませんか?

一時代前に比べると、「離婚」に対する考え方も、
特別珍しいことではなくなり「結婚」に対しての重みや世間体がなくなってきたと感じていますが、これも、離婚が世間的にも緩和された状況になってきているということなのかもしれません。

核家族化がさらに細分化され、男女それぞれが社会で生きて行くためのインフラも整い、「自立した生活」を送りやすくなっている現代社会においては、男女の共生を必要としていないということなのでしょうか。

答えは、

それぞれの価値観で変わってくるものなので、
あなたの離婚に対しての考え方に否定も肯定もするものではありません。

とはいえ、離婚には、

 

相当な「勇気」と「覚悟」と「決断」が必要です。

 

実際に離婚にいたるまでの時間や費用などの負担、精神的なストレスは、想像以上のものだと考えておいた方がいいでしょうし、実際にそのように感じている方が多いと思います。

しかも、相談する相手がいないともなれば、たった一人で悩みを抱えて「絶望的な気持ち」にもなってしまいがちなものです。

こうなってしまうと、「自分の考え方を整理してから解決に向かう」というような思考も気力もなくなり、声の大きいものや力をふりかざすものが、自分自身の思いどおりにしようと力を働かせてくるので、結果的に、力の弱い側が譲歩したり、泣き寝入りしてしまうことになってしまいます。

しかし、決して、あきらめないでください。

あなたが勇気をもって行動することで、法律的に離婚紛争の解決を求めることもできるのです。

 

あなたは決してひとりではありません。

 

こうして、離婚に関する様々な情報を、私は今まさに書き込んでいるところなのですが、あなたはこのホームページに今たどり着くことができたのです。

そして、このメッセージを、あなたが貴重なお時間の中で読んでくれているのも事実です。

あなたさえ、あきらめなければ、
納得できる解決方法やその糸口が
必ず見つかるはずです。

どのような結果になったとしても後悔をしないような「解決」を目指してください。

あなたのご多幸を心よりお祈りしています。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ