熟年離婚を決断するということ

熟年離婚とは、一般的に「婚姻暦20年以上、年代的には50~60歳代の夫婦が離婚すること」をいいます。

年金分割制度の改正や、テレビドラマで話題となったこともあり、その離婚件数は、近年、増加の一途をたどり、全離婚件数の約20%程度にまでなっています。

夫の定年退職や子供が成人したことをきっかけに、それまでの感情の蓄積から「妻が離婚を切り出す」といったケースが多いようです。

離婚の予備知識が必要不可欠

熟年離婚をお考えであれば、あなたが離婚後も安心して暮らしていけるための知識を十分に得ていくことが必要となります。

離婚の為には、離婚の知識をつける

熟年離婚後も安心して暮らす

離婚後にも安心できる生活を確保するためには、財産分与の確保、年金分割などの法制度を活用など、離婚までの準備をしっかりとしておくことが必要不可欠となるでしょう。

  • 慰謝料〜結婚期間が長いほど、慰謝料額も高額になる可能性が高い
  • 財産分与〜結婚期間が長いほど、夫婦の共有財産が多いのが一般的

複雑な手続きもでてきますが、大きくは「財産分与」「慰謝料」この2つを「きちんと受け取る」ことが重要といえます。

あなたの残りの人生を後悔の無いように送りたいという方は、どうしても専門的な知識が必要な項目が多いので、「突然、離婚に踏み切る」というようなことはせずに、頼れる弁護士を選任して、時間をかけて、しっかりと準備を整えた上で、離婚を進めていくことをおすすめします。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ