熟年離婚の注意点

「熟年離婚」は、もはや、誰もが知っている言葉となりつつあり、関連書籍の販売やメディアから発信される情報の数々から客観的に見ると、一種のブームのように感じてしまうかもしれません。

しかし、年齢を重ねてからの離婚は、ハードルが高いことも多いので、メリットとデメリットを知っていた上で、「解決しておいた方がいいこと」や「より慎重に注意しておくべきこと」があります。

もちろん、気持ちの上や冷静に考えた上で改めた方が賢明な場合もあります。
これからの新しい人生の方が重要なのですが、だからこそ、「思い悩んでしまう」ことなのかもしれません。

離婚後の「経済的生活基盤」の確保

特に女性で「特別な資格やスキル」を持ち合わせていない場合、経済的に不利な面が出てくるケースが非常に多いです。

ある程度の年齢から再就職が非常に困難になるといったケースも少なくないので、熟年離婚を考えはじめた時には「生活に必要な安定収入」についてをじっくりと考えなければなりません。

離婚後の生活と現状把握

まずは、あなたの現在の生活と離婚後の生活の違いを現実的に考えた上で

  • 収入の増減
  • 必要最低限の生活費の把握
  • 生活変化に納得できる最低ライン

についてを書き出し、じっくりと検討してみましょう。

一人でも生活をしていけるだけの経済的基盤を持っているのか?

どのようにすれば、最低限希望する生活基盤を確保できるのか?

「年金分割」「財産分与」などの制度利用、「実家・子供・友人と暮らす」などなど、離婚後の生活イメージから不安要素をできる限り払拭していくことも考える必要があります。

「安心して離婚後の生活を営む」には、どのような手順を踏めばよいのか、その重要な要素を考える場合は、経験豊富な弁護士に相談することも視野に入れておくといいかもしれません。

熟年離婚のポイント

熟年離婚は、なるべく多くの離婚給付が受けられるかどうかで、離婚後の経済面を左右していると考える方も多いです。

年金分割についての把握や、財産分与の為の財産保全をしておくことなどなど、知識を得て把握しておくべきこと、やらなければならないことがたくさんあります。

失敗例になりがちな「感情的な離婚」になる前に、離婚の手続き、仮差押手続などの財産の保全に関する申し立てについてなどなど、しっかりと「離婚後の生活の準備」をするためにも、経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ