熟年離婚とお金の問題

現在、「熟年離婚」を考えているのであれば、きっと「お金の心配」が頭から離れることはないと思います。

その不安や悩みを解決していくためには、「現実的な方法」で金銭的なデメリットを回避することが有効な解決方法の1つです。

より多くの「離婚給付」を受ける

離婚問題に直面した方の多くが、一時的な感情に任せて話し合いをしてしまい、その後に冷静な話し合いからの判断ができなくなってしまうという傾向が多いようです。

もしも、あなたから「離婚」という言葉を切り出そうと考えているのであれば、その前に十分に離婚の知識を得ておくことをおすすめします。

離婚給付

離婚給付とは、「財産分与」と「慰謝料」の支払いをあわせたものをいいます。

適正な離婚給付を受給するためには、離婚を申し立てるまでの準備が必要となるので、弁護士などの法律専門家のアドバイスを受けることが近道といえます。

熟年離婚と年金

特に女性の場合であれば、離婚後に「年齢が影響して再就職が困難になる」といったケースは多く見られ、安定的な収入は年金の確保ができるかどうかが焦点となることが一般的なようです。

熟年離婚の年金分割は、結婚してからの年金保険料納付期間の長さ、そして、2008年4月の年金分割制度改正以降の婚姻期間の長さがポイントとなります。

  • 2008年4月以前に納付した年金
  • 2008年4月以降に納付した年金

そのためにも、「年金分割制度」をしっかり理解することが大事です。

しかし、制度利用や、家庭裁判所への審判申立て、分割比率の引き上げなど、専門知識が必要になることも多いので、やはり、弁護士などの専門家に依頼して進めていくことが、離婚後の生活設計をする上での重要なポイントとなります。

熟年離婚と財産分与

「年金分割による収入だけでは生活ができない」という方は、離婚に伴い受け取ることができる「財産分与」も重要な要素といえます。

特に再就職が難しい世代の離婚であれば、なおさら、この「財産分与」によって受け取れる財産が離婚の安心した生活を左右するともいえるでしょう。

そこで、しっかりと夫婦の共有財産は把握しておくことが重要になります。

代表的な共有財産
  1. 不動産
  2. 預貯金
  3. 生命保険・有価証券など
  4. 会員権
  5. 自動車
  6. その他高価品
  7. 退職金

対象となる共有財産を洗い出し、そこから、受け取れる財産が、どのくらいの割合になるのかということを把握しておくことも大事です。

財産の性質によっては、事前調査や分配割合を検討する必要もでてきますし、その財産の受け取り方や選別に関しても、最良の方法を検討する必要があります。

例えば、お子さんがいる場合にそのお子さんの名義での銀行預貯金があったとします。

子供:A子の銀行預貯金

この財産については、

  • 母親のものになるのか
  • 父親のものになるのか
  • A子のものになるのか

ということは、その財産が作られた要素なども考慮されて判断されるので、一概に子のようになりますとも言い切れません。

また、奥様が専業主婦、旦那様が主に生計に必要となる収入を得ていたご夫婦が離婚するといったケースで、数年後に退職金が支払われる場合もあります。

この時の退職金を受け取る権利なのですが、もちろん、その会社に従事していた旦那様は当然権利があるのですが、奥様がたとえ専業主婦だったとしても、その生活を維持するための貢献度も考慮され分割の割合などが決められるので、奥様もその退職金の一部を受け取ることができる可能性があります。

やはり、熟年夫婦が離婚する場合、特に財産分与などのお金に関する項目については、弁護士などの法律の専門家に相談することが最良といえます。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ