子どもの問題

夫婦間に子供がいて離婚をする場合、最も大切で、お金の問題以上に真剣に考えなければならない問題となるのが、この「子供の問題」です。

離婚時に代表される大きな悩みのひとつでもあり、なかなか離婚にふみきることができないという理由も、この「子ども」に関する要因が大きいようです。

離婚による「さまざまな影響」の懸念

離婚する夫婦に未成年の子どもがいる場合は、当然のことですが、たとえ、夫婦が離婚したとしても「父親と子」、「母親と子」の親子関係がなくるわけではありません。

つまり、夫婦ではなくても、子供から見て父と母との関係は無くならないということです。

しかし、子を持つ夫婦が離婚する場合は、法的な手続きとしての「その子の親」を離婚届けに指定(記入)して届け出ることが必要になります。

ここで、以下の各ページにそれぞれ離婚による「子供の問題」で解決するために必要となる項目をまとめましたので、それぞれご覧ください。

子は鎹(かすがい)ともいわれますが、その反面、子供のことを考えれば考えるほど離婚に対しての考え方も定まらずらいと言ったこともあるかと思います。

特につい感情的になってしまってという場合であれば、なおさらのこと、振り返った時に公開はしたくないものだとおもいます。

いずれにせよ、離婚する夫婦の気持ちとそれを間近で見ている子供の心境は全く別物ですし、自分の考え方のみで一概に最良の決断としてしまうのは子供の気持ちをないがしろにしているといわれてしまうかもしれません。

お子さんがいる方が離婚する場合は、しっかりと子供の気持ちについてのことやずっと付いて回るであろう経済的なことも視野に入れて考え、よりよい結果に進んでいってほしいと願うばかりです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ