財産管理権

お子さんの貯金などの金銭管理などはどうされていますか?

また、今後についてはどのようにお考えですか?

離婚時に知っておきたい6項目

財産管理権とは、親権の中に含まれている権利で、

子どもの財産の管理や、子どもが法律的な行為をするといった場合の「法定代理人」として、

子どもに代わって契約するといったことを行うことができる権限があります。

知っておくべき「財産管理権」

子どもの財産を管理する

簡単に説明すれば、

「子どもの財産を管理する権利」ということです。

親権者は、未成年の子どもが持つ「子ども自身の名義の財産」を管理します。

法定代理人

未成年の子どもがなんらかの契約などをする必要がある場合に、

これを子どもに代わって法律行為の代理人として行うことができる権利です。

親権者の代理権限は、原則として「子どもの財産に関する行為」に限ってのみ認められます。

つまり、子の名前(姓)の変更やその他については、

法律に規定のある場合についてのみ認められることとなるので注意が必要です。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ