離婚後の戸籍と氏(姓)

「戸籍」と「氏」については、とても複雑でわかりづらいものです。

戸籍とは、「夫婦と未婚の子供」をひとくくりにして考えた単位でそこに属する人の身分関係を記載した公文書のことをいいます。

結婚するときや婚姻中には、あまり「戸籍」について意識することは少ないと思いますが、離婚を考えたときには、特に女性にとっては避けて通ることができない問題になることもあります。

離婚後の姓と戸籍

結婚した時には、一般的に女性(妻)が夫が戸籍の筆頭者となった新しい戸籍に入ることが多いようです。

したがって、このようなケースで離婚した場合には、女性は以下の選択をする必要があります。

  • 旧姓に戻り、実家の戸籍に戻る
  • 旧姓に戻り、自分で新しく戸籍を作る
  • 結婚時の姓のまま、新しく戸籍を作る

離婚することになった女性(妻)には、上記のように3つの選択肢があります。

つまり、基本的に女性は離婚することになった時に

  • 旧姓に戻す
  • 結婚時の性を名乗る

のいずれかを選択することになります。

離婚後に名乗る姓と手続き

原因や理由によっては離婚後に、結婚時の姓を名乗るのは心情的に抵抗があるかもしれません。

しかし、旧姓に戻すとなると、

  • 運転免許証や各種保険などの名義変更
  • 職場での呼び名の変更
  • 子供と自分の姓が違う

といった不都合を感じることもあるかと思います。

逆に、離婚後も結婚時と同じ姓をそのまま名乗ることを選択する場合は、

「離婚の際に称していた姓を称する届」を所轄の役場に提出することになります。

この届け出は、離婚届と同時に提出することも可能ですが、離婚届の受理から3ヶ月以内が提出期限になってるので注意が必要です。

子供の姓と戸籍を変えるには?

夫婦が離婚したとしても、「子供は夫を筆頭者とした戸籍に残る」ということが原則のようです。

これは、女性側が子供の親権者になっても変わないのですが、そうすると、子供の親権者が女性(妻)になった場合で、

なおかつ、女性が旧姓に戻り、子供の名前・戸籍を女性側にしたい場合は、次のような手順が必要になります。

  1. 女性(妻)を筆頭者とした新しい戸籍を作る
  2. 家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出
  3. 姓の変更が認められたら役場に「入籍届」を提出

こういった手続きをふむことで、子供の姓と戸籍を女性(妻)と同じにすることができるのです。

男女平等といわれている現代でも、離婚という人生の大きな節目においては、まだまだ金銭的・社会的・制度的に、女性が不利になるという状況は変わっていないようです。

また、昨今では、離婚後の夫婦の共同親権を尊重する動きや婚姻時からの夫婦別姓といったことも議論されているので今後もその動向が気になるところです。

いずれにせよ、離婚することになった時に女性側(特にお子さんがいて親権者になる場合)は、

様々な法的手続きが必要になるので、たとえ離婚合意ができたとしても気の抜けないことがたくさんあるので注意が必要となります。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ