健康保険と医療保険

離婚することで、あなたが今後に生活する上でとても重要となる「医療保険」がどのようになるかということは、ご自身の状況によって変化するようです。

こちらのページでは

離婚確定の前の手続き準備

離婚後の医療保険については、ご自身の「現在の状況」と「今後」について、これからどうしていくのか、どうしていきたいのかということを見極めて、適切な対処をすることがとても重要となります。

詳しくは、一度、所轄の市区町村役場へ相談に行ってみると間違いがありません。

次に一般的な医療保険について解説していきます。

被扶養者の健康保険

現在、健康保険の被扶養者として加入している方であれば、離婚する事で被扶養者ではなくなることになります。

つまり、あらためて健康保険に加入する必要がでてくるようです。

このようなケースで扶養者となっていた人は、健康保険、もしくは、国民健康保険に加入することになります。

もしも、就職しないという場合や、社会保険制度のない会社などに就業する場合は、国民健康保険に加入することとなります。

たとえば、収入が無く保険料を納めることが困難な場合などについては、保険料減額といった方法や、減免の届出をすることで保険料を抑えることも可能のようです。

詳しくは所轄の市町村役場に相談してみることをおすすめします。

子どもの医療保険

離婚する夫婦に子供がいる場合、離婚することで、その子どもが、被保険者としての資格を失うということは、当然、ありません。

「子供がいるけどどうなるの?」といった心配はいりません。

ただし、子供のもつ被保険者としての資格についてはそのまま現行の保険に加入しておくことも可能なのですが、離婚時に、子どもを新たな保険に加入させるためには、別途に手続きが必要となります。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ