離婚時の借金

離婚をするに際し、夫婦で作り上げた財産とは、プラスの財産だけをいうのではなく、借金や残ローン等のマイナスの財産があるといったケースも多いようです。

離婚を考えた時に、忘れてはいけないことのひとつが、この「借金」があげられます。

借金があっても、その区分をきちんと把握しておく

借金とはいっても、いつした借金なのか、何のためにした借金なのかなど、ひとつひとつについて具体的に把握できることがベストです。

借金の区分

結婚する前からの借金

結婚する前からの借金は離婚時に財産分与の対象にはなりません。
結婚する前からの借金は、特有財産なので、保証人等になっていない限りは、借金をした人だけに支払い義務があるので返済の義務はありません。

婚姻期間中にした借金

婚姻期間中にした借金といっても、様々です。
その借金が、生活費、子どもの教育費、家具などの購入等等、夫婦の共同生活に通常必要とされる支出のために借りた場合には、どちらか一方が借りた場合であっても、離婚後も同様に夫婦が連帯して責任を負うことになっています。

離婚と住宅ローン

居住用の不動産をローンで購入していた場合、連帯債務者や連帯保証人になっていないかぎりは、債権者(お金の貸主)のみが債務者となるので、返済するように債権者から請求されることはありません。

ただし、実情と照らした上で、このケースのような住宅ローンも夫婦の間では、原則的に平等に負担する必要はあります。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ