財産分与の割合

財産分与の金額や方法は、一般的には夫婦で話し合って決めることが多いのですが、では、その「財産分与の分配割合」とは、どのように決めればよいのでしょうか?

こちらのページでは、一般的な財産分与の割合についてを解説していきます。

基本的には「2分の1」

具体的な内容や金額は、それぞれの家庭の個別事情があるので「ケースバイケース」なのですが、共働きや家業従事の場合であっても、専業主婦の場合であっても、基本的には「2分の1」として考えることがほとんどのようです。

しかし、当事者同士での話し合いで決めるのであれば、二人が納得するならば、その割合がいくらになっても問題はありません。

財産分与でというものは、一般的に、婚姻機関が長くなればなるほど、共有財産も多くなるので高額になる傾向があります。

夫婦の財産が、「まったくない」というのであれば、財産を清算する必要もないのですが、財産があるにも関わらず、財産をもっていないことにしたり、実際よりも少なく装うケースなどもあるようです。

離婚を考えているのであれば、婚姻期間中からお金などの管理を相手任せにせずに、夫婦間の共有財産がどのくらいあるのかしっかりと把握しておくことも大事といえます。

また、もしも裁判で財産分与について争う場合に、裁判所が判断する財産分与の分割割合は、「財産形成や維持への寄与度」というものが考慮されます。

このように、たとえば、専業主婦であったとしても、妻の寄与度が夫よりも高いと判断されるような場合であれば、妻の方が多額の財産分与を受けられるといった可能性もあります。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ