ネグレクトが与える子どもへの影響

ネグレクトが与える子どもへの影響

「ネグレクト」とは、いわゆる「無視」のことで、子どもの養育を放棄または怠慢にすることです。

昨今では、20〜30代に比較的多いといわれる、家庭の育児問題なのですね。

「食事を与えないなど」
「衣食住の世話を怠る」
「車や家に乳幼児を放置する」

などがこれにあたります。

ニュースなどでも、時々、取り上げられていますよね。

子どもの将来を考えれば、どれだけの悪影響を及ぼすことか…とつい考えてしまいます。

離婚は大きなストレスを抱える問題ですが、
自分自身の「不安」や「悩み」ばかりに目を向けていると、
子どもは、「気にかけてもらえていない」と感じることでしょう。
離婚は、夫婦の問題なのですから、
子どもには、なるべく負担を欠けたくないものですね。

 

あなたには、そのような不安要素はないと思いますが、

もし、思い当たる節があったのなら、

少しずつでいいので、

お子さんに目を向けるようにしてあげてください。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ