別居と離婚の関連性

別居と離婚の関連性

最近は、

別居した夫婦の離婚を積極的に認める風潮があるようです。

これは、夫婦関係が修復できないであろう、または、夫婦関係はすでに破綻していると裁判所が判断した場合に、「破綻主義」という考え方から、離婚を認めるというものだそうです。

なので、仮に一方が「離婚はしたくない」とのぞんでいたとしても、離婚裁判では「離婚」を認める判決がでることがあるのです。

この「破綻主義」には、具体的に「何年の別居」などといった規定があるわけではなく、8年程度の別居期間でも認められたケースがれば、10年以上の別居期間があっても認められなかった場合もあります。

「一方的に離婚を申立てた」という場合、離婚が認められるかどうかは、相手の離婚後の生活が現状と比べて良くなるのか、それとも、悪くなるのかといったことも判断材料になるようですが、判決を下すのは、裁判官の裁量なので、やはり、一般的な解釈でも妥当だとされるようなものになるのでしょう。

ある知人が、現在、裁判中なのですが、この「破綻主義」が適用されるのかどうかとやきもきしていました。

いずれの判断が下るにせよ、どちらか一方の思惑によるものだったり、身勝手な行為からのものだった場合でも、この「破綻主義」という考え方が主となり判断されるものではないものであってほしいと願うばかりです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ