専業主婦が離婚するということ

専業主婦が離婚するということ

結婚式のスピーチで、聞く3つの坂(さか)。

「のぼり坂」

「くだり坂」

そして、「まさか」

 

人生の諸先輩は、本当に簡潔に人生の教訓を教えてくれているものなんだと、常々、敬服している今日この頃ですが、

一生続くと思っていた幸せな結婚生活も、突然の方向転換をしなくてはならなくなってしまう場面もあるものです。

 

その中、離婚という結論にいたる場合も最近は多くみられるようになりました。

 

夫婦仲が険悪になったり、場合によっては、「離婚」という決断をするなど、原因・理由は様々でしょうが、離婚という選択をした方が幸せになれると確信した場合は、険しくとも新しい道を出発するのもいいのかもしれません。

 

ただ、もしも、明るい方向に向かっていきそうな「きざし」があるのであれば、結婚を続ける方がいいのかもしれません。

特に、ちいさなお子様がいるのであれば、なおさらのこと、子供たちに悲しい思いをさせてしまうことも多いのですから。

 

また、最近では、男女平等になりつつあるとはいえ、やはり、離婚後の女性は、様々な面で大変な思いをする人が多いようです。

 

専業主婦の期間が長かった人にとっての離婚は、経済的な面に大きなハードルが立ちはだかるといった場面もあるでしょう。

「女は強い。母は強い。」といった言葉もありますが、特に、専業主婦の方が、子どもを抱えた状態の中で、仕事に必要なスキルや経験を身につけたり、今日の経済社会のスピードについていけるかどうかということも懸念されることでしょう。

 

とはいえ、専業主婦の方が離婚する場合、その後も安心して生活できるようになるための、法律整備や支援・援助を受ける方法もたくさんあります。

 

ただし、考え方としては「得をする」というものではなく、あくまで、「最低限の暮らしを保証してもらえる」というものと理解しておくべきだと思います。

 

専業主婦の方で、真剣に離婚を考えているのであれば、あなた自身が法的な知識を把握して、ひとつひとつ丁寧にこなしていくこと、そして、弁護士などの法律の専門家に相談をして、取り組んでいくことが必要となってくるでしょう。

 

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ