不倫に走ってしまう理由(ワケ)

不倫に走ってしまう理由(ワケ)

愛する人が不倫をすることは考えられないという方も多いでしょう。

しかし、不倫するケースの多くは、夫婦間の性交渉、

 

つまり、「SEXがなくなった」からという意見が多いのです。

 

不倫をはじめる理由というのも様々でしょうが、

たいていの場合は、愛する人を精神的に苦しめるために、はじまったものではないでしょう。

 

当然、結婚当初のように「まじめ一筋に生きていこう」と思っているはずなのです。

 

しかし、そこは生身の人間なので、いくら理性では「まじめに生きよう」と思っていても、

 

「相手となんとなくノリが合った」

「まがさした」

「つい」

 

となんとも、ありがちな言い訳のようですが、

本当にこのような「出会い頭の事故」のようなケースも多いので、

「道徳観」や「倫理観」が必要だということは、当然なのですが、

誰にだって「防ぎようのないこともある」ということを知っておいた方が良いのかもしれません。

 

ただ、あなたが不倫の兆候を感じた場合に、

「やめさせたい(復縁したい)」と思っているのであれば、

気持ちを落ち着かせるまでには時間がかかるかもしれませんが、

今すぐ何かをしなくてはいけないといった切迫感で慌てる必要もあまりないといえるでしょう。

 

これは、大半の不倫のケースにおいては

軽い気持ちではじまったというものが多いので、

「不倫相手とのノリが合わなくなるまで待つ」ことで

自然に不倫が終わるといったケースが多いのです。

 

ただ、自然に終わるといても数ヶ月から数年までかかる場合もありますし、

その間の精神的な負担に絶えられなくなる場合も考えられるでしょう。

 

しかし、時間とともに自然に終わっていく傾向がある要因として

不倫は楽しんできるように見えて、実は楽しめていないという人も多いのです。

 

時間を気にしながら、気付かれぬように注意を払って、家庭でのことも同時にこなす

 

ということは「とても大変なこと」だということは説明しなくてもお分かりかと思います。

 

振り返った時には、

「さほど、不倫を楽しんでいなかった」

「むしろ、気疲れをした」

という人の方が圧倒的に多いのです。

 

しかも、不倫が本気になり離婚したという方の多くが、離婚後には不倫相手と破局しています。

 

これも当然で、

燃え上がっている間は、「盲目」になってしまい回りが見えなくなってしまいがちですが、

不倫相手からしてみても、

次は、「自分が不倫される側」になる可能性があるのですから

 

もしもあなたが、現在、不倫問題に直面していて精神的に傷つけられているのなら

 

「なぜ倫理観を持って堂々と生きていくことができないのか?」

 

というようなことを、

 

不倫相手にも、あなたの愛する人にもぶつけたいという気持ちは十分に理解できますが、

なかなかそうはいかないのが人生だと思います。

 

誰だって人生において過ちの2つや3つはあるのでしょうから。

 

それでも、不倫は絶対に許せない行為だという方は、

 

不倫を理由とすれば

不倫相手から慰謝料を取ることはできますし、

あなたから離婚を請求する確たる原因もあるので

慰謝料請求と同時に離婚請求も認められるでしょう。

 

逆に、浮気をした方(つまり有責配偶者)からは、

どんな理由で「離婚をしたい」と言っても

裁判所では基本的には認められるものではありません。

 

不倫を理由に離婚するのであれば、それ相応の覚悟も必要になるので

法律に詳しい専門家(弁護士)に相談することがいいでしょう。

また、「不倫の決定的な証拠をつかんでおく」ということも忘れずにしておくべきです。

 

最後に

 

もしも、あなたが不倫をしている方であれば、

 

悪いことはいいません。

早めに辞めた方がいいでしょう。

 

不倫とは、誰かが傷つくだけで「誰も幸せになることがない」ものだと思います。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ