嫁姑問題が離婚に発展するケース

嫁姑問題が離婚に発展するケース

嫁姑小姑の仲が尋常じゃなく悪いといった悩みを持った女性の方は意外と多いようです。

ドラマの設定のようなお話しですが、

 

実際には目に見えて感じるものから

旦那様に相談しても「考え過ぎ」といわれてしまうような出来事まで

当の本人でなくては分からないことも多いようです。

 

もちろん、嫁姑問題など皆無で「すごく仲がいい」という方たちもたくさんいらっしゃるとは思いますが、

相手親の住む地域近郊に暮らしている場合などはよくあるケースのようです。

 

特に、2世帯住宅などで同居しているという方の中では、

「家庭内のいじめ」にも似た言動を感じているという人も少なくはありません。

考え過ぎの可能性もありますが、いずれにせよ、相手の両親と暮らすということは、

 

「男性」にとっても

「女性」にとっても

 

当然に大変な気苦労が絶えないことと思います。

 

こういった「嫁姑問題の悩み」の原因や背景には、

姑からの「いびり」と感じるような行為を目の当たりにした時の「夫」の態度にもあり

「相談した時の返答に失望した」などの理由から離婚を考えだしたという方も多くいらっしゃいます。

そのような方の中には、自分の親に対しても思いやりの気持ちを見せてほしいといった悩みを抱えている方もいるのです。

 

このような悩みを抱えている方の解決方法としては、まずは専門機関などに相談してみることが賢明です。

「人(他人)の考え方を変える」、「理解してもらうために無理強いしてしまった」といったことで

よけいな摩擦を生み、亀裂が深まることも考えられなくはないのです。

 

また、このような嫁と姑との考え方の違いは、家庭に希望する根本的な考え方が異なる場合もあります。

 

家庭に対する希望を見ても

 

嫁:核家族を希望
姑:大家族を希望

 

というような違いがあったり、

その中での役割をひとつとっても

 

嫁:自分自身で家族のことをしていきたい
姑:どんなことにでも世話を焼きたがる

 

というような違いがある方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、嫁と姑との考え方の違いは当たり前であるといえます。

なぜなら、育ってきた世代が違うのですから。

 

このような「家庭への考え方の違い」をひとつとって、不満としてしまうのではなく、ある程度受け入れることで

円満な関係を築いていくということも解決秘訣の要素です。

 

義母は、往々にしてめんどくさいものだとは思います。

あなたの現在おかれている状況も特別なものではないということなのです。
しかし、それでも「愛する人」を産んで育ててくれた人なのです。

不満や鬱憤(うっぷん)の蓄積の度合いによっては難しいのかもしれませんが、

それでも、「感謝」と「歩み寄り」と「適度な距離感」は、良好な人間関係を保つためにも必要なことです。

 

日本人は何でも常識や道徳論で済ませてしまいますが、

もっと夫婦で話し合うべきことなので

嫁姑問題があなたの大きな悩みなのであれば

しっかりと夫婦で話し合うことからはじめましょう。

 

それでも、解決しない場合や改善の見込みがない場合などについては

次の手段を選ぶことになるので

そのような時は、必ず「弁護士」に相談して解決へと進んでください。

 

ストレスを抱えることなく人生を歩んでいくためにも。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ