離婚による精神的ダメージ

離婚による精神的ダメージ

離婚しますか?

それとも、今現在は離婚問題について悩んでいる最中でしょうか?

 

あなたが、離婚を決断したとき、

もしも、あなたから離婚を切り出すとしても、

その離婚による「精神的なダメージ」は、自分の人生にとっての大きな打撃となるでしょう。

 

そのような大きな精神的ショックを感じてしまうと、自分自身の考え方が

どうしても、ネガティブな方向に行ってしまうというのが一般的なパターンのようです。

 

しかし、あなたが離婚することを決断しているのであれば、

 

「新たな人生のリスタート」

 

と考え方を変えて、なるべくポジティブな気持ちを持つようにしましょう。

 

離婚する原因は、その夫婦によって様々あるとは思います。

 

結婚前に見抜けなかった

自分の見る目がなかった

 

などと、後悔してしまうような場面に遭遇してしまうこともあると思います。

 

しかし、まずは「感情的」にならず冷静に話し合い

お互いが妥協できる着地点を探しながら進めていくことがベターです。

 

この話し合いの時に、

 

「一方的に言い分を主張する」

「条件のごり押しをする」

 

こんな状態になってしまっては、

後々、取り返しのつかない事態になってしまうといったケースも少なくないのです。

 

また、一度は愛し合って結ばれた夫婦なのに、

現在では「敵意すら感じてしまう」といった場合は特に注意が必要です。

 

このような場合は、

あなたの精神状態が危険な状態にあるということも頭の片隅においておいた方が無難でしょう。

 

なぜなら、

 

「離婚しようとする相手(夫もしくは妻)」にとっている態度や言葉などの言動が

知らず知らずに(自分では気付かないうちに)、周囲の方達にも同じような言動をとってしまう

 

といったこともありえるからなのです。

 

だからこそ、あなたの精神的な状態を良好に保つという意味で考えても、

もしも、あなたが「離婚を決断している」のであれば

できるだけ早めに解決の方向へと進んでいった方がいいでしょう。

 

離婚は決断している

離婚届も離婚協議書も書いている

 

なのに、

 

最後の「離婚」という言葉が切り出せない

離婚届を渡すことができない

終わらせると決めているのにふみきれない

 

というような微妙なお気持ちの方もいらっしゃいます。

 

このようなお気持ちも十分に分かります。

 

ひょっとすると、これは、

あなた自身が思いえがく「離婚後の自分」に

ポジティブなイメージができていないことによる

あなたの心のブレーキかもしれません。

 

どんなことでもいいので

「あなたの気持ちが少しでも明るくなるようなイメージをする」

ように心がけるといいでしょう。

 

離婚をしなかった場合、人生の貴重な時間を無駄に浪費になる

離婚をした場合は、次の恋愛に進むことができる

 

など、どんなことでもいいのです。

 

しかし、一度ネガティブな発想にとらわれてしまうと、

 

あなた自身がポジティブになろうとしてもマイナス思考の考え方がでてきてしまう

 

という場面が、たくさん出てくるかもしれません。

 

たとえば、

 

あなたが離婚後に「愛すべき人」を探そうとしても

 

「今後に自分の伴侶となる異性が現れるのだろうか」

「バツイチになったが今後、自分は幸せな結婚ができるのか」

 

というような「不安や焦り」が重くのしかかってきてしまうかもしれません。

 

このような場合には、

  • 一つの恋が終わった時点で新たな恋が始まる
  • 本当に心から愛し合えるパートナーに出会えるための新しいスタート

などと考えてみてはいかがでしょうか。

 

離婚問題に直面しているあなたの精神状態が「とても辛い」と悲鳴をあげていることは分かります。でも、そんなときだからこそ「良い未来」「明るい未来」に期待をしてできるだけ、ポジティブに考えるように習慣化できるといいですね。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ