離婚裁判で必要となる5つに分類される原因・理由

離婚裁判で必要となる5つに分類される原因・理由

あなたは、いつから離婚しようと考えはじめましたか?

 

現代において離婚する夫婦は年々増加していますが

そのおよそ90%は離婚裁判での結果を待たずに協議離婚や調停離婚を選択しているようです。

 

しかし、約10%の夫婦はその離婚問題が裁判まで進んでいるようなので、

これは確率的に見ても「離婚裁判までは進むかも」とくらいは想定しておいた方がいいのかもしれません。

 

といいますのも、当の私もそうでした。

もちろん離婚裁判での決着をはじめから想定して進める場合もありますが、

相手の想定しないところをつくことで自身を有利な状況にするといった戦術はスポーツなどにもいえることなので、

ひょっとすると離婚問題が離婚裁判まで進展してしまうことだって十分ありえることだと思います。

 

今回は、離婚裁判まで進んだ場合に

離婚が妥当であると裁判官に判断されるために必要となる5つの要素についてまとめましたのでご一読いただければと思います。

 

裁判で必要となる5つの法廷離婚原因

こちらのページで説明している多くは一般的なものなので

解釈によっては説明していない方法での進め方や考え方もあると思います。

 

また、説明している各項目に該当すれば「法的な離婚の理由となる」のですが、

逆を返すと該当しなければ「離婚が妥当と認められる理由も無い」ということもいえます。

 

現在、離婚問題でお悩みの方、

また、深刻ではないけども知識として覚えておきたいといった方に

少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ