本人が気付かぬうちに負の連鎖に陥る「ドメスティック・バイオレンス」

本人が気付かぬうちに負の連鎖に陥る「ドメスティック・バイオレンス」

「ドメスティック・バイオレンス」は「DV」と呼ばれる暴力行為だということは、

すでに一般的にも解釈されていると思います。

 

この「DV」とは、身体的な暴力行為がクローズアップされがちな傾向があります。

目に見てすぐに分かるものが「暴力行為によるDV」ですが、

実は目に見えてこない、

「精神的な暴力行為によるDV」に悩む方も非常に多いようです。

 

しかし、この「精神的な暴力行為によるDV」とはいっても、

その判断も非常に難しいものがあり、

その人の取り方によって「DV行為」の判断も変わるケースがあります。

 

通常の生活の中で「良し」としていたことさえも、

「DV」と主張することが可能だということです。

だからといって、何でもかんでも全てを「DV」といってしまうのはやめておいた方がいいでしょう。

 

ただ単に、全ての相手の言動が「DVに該当する」と裁判などで主張したとしても

それは、「我がまま」と判断されてしまったり、

証明するものがなければ、

その信憑性についても裁判所では判断しかねるケースもありえます。

 

とはいえ、現実問題として「DV問題」に悩んでいる方が非常に多いのも現実です。

 

最近の傾向では、男性から女性に対する「DV」よりも、

女性から男性に対する「DV行為」に悩んでいる声も多いようです。

 

明らかに身体的な暴力を受けたということであれば、それは犯罪行為ですし許される行為ではありません。

 

精神的な暴力ということで見れば、一度「DV」だと主張してしまえば、

あなたの言動すら該当しかねない「諸刃の剣」とも言えるものなので、

非常に注意が必要なものといえます。

 

そこで、「DV」に関する項目についてまとめてみましたので、ご参考いただければと思います。

現在、あなたが「DV」で悩んでいるのなら

それは一人では悩まずに誰かに相談してみることもいいでしょう。

 

ただ、「適切ではないアドバイス」を受けたがばっかりに、

あなたの本来望む結果にたどり着かないこともありえるので

しっかりとした知識を身につけて、問題解決に望むことをおすすめします。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ