DV 離婚 ?! 悩み抜いた末の苦渋の決断だったのでしょうが…

DV 離婚 ?! 悩み抜いた末の苦渋の決断だったのでしょうが…

過去の栄光にとらわれてしまい、現在の自分とそばにいる大切な人を見失ってしまい、暴挙に出てしまったというニュースはいつの時代もあとをたたないような気がしますが、今回のコラムは、以前、サッカー日本代表にもなった奥さんと佐伯日菜子さんの離婚報道ニュースからです。

以前までの報道の内容と今回の記事を読んで思うことは、佐伯さんはとても寛大な対応をしたのであろうということを私は感じました。

 

以下、引用文

女優、佐伯日菜子(36)が9日、離婚協議中だった夫でサッカー元日本代表、奥大介氏(37)との離婚が成立したことを発表した。(サンケイスポーツ

自ら離婚届を提出し、ツイッターで「本日離婚届が受理されました」と報告。「ご心配をおかけしました。あたたかなメッセージを下さった方、ありがとうございます。前を向いて歩きます」と決意表明した。

所属事務所によると、長女(10)と次女(9)の親権は佐伯が持ち、今月から神奈川県内で自身の母と娘の4人で新しい生活をスタートさせている。

また、奥氏が佐伯に慰謝料など約3億円を支払うと一部で報じられたことに、事務所社長は「寝耳に水」と否定。佐伯は離婚という“けじめ”をつけ、今後の仕事に意欲的だと明かし、「財産分与は半々。養育費と慰謝料は、かなりゆるく(安く)したと聞いている」と話すにとどめた。

奥氏は佐伯を電話で脅した容疑で先月6日、神奈川県警に逮捕された。その後、佐伯が被害届を取り下げたため、奥氏は同27日に起訴猶予処分となり、釈放された。

VIA 佐伯日菜子、奥氏との離婚成立を発表 3億円の慰謝料は否定

とかく芸能人・有名人の離婚慰謝料は、「○億円」というとんでもないような金額が報道されることも多いので、一般的に勘違いされている方も多いようですが、一般的に中小企業等に勤めているサラリーマンの方で特別な資産や給与所得以外の収入等がない場合の慰謝料は、「億」という桁になることはないといえます。

実際に裁判での判決で慰謝料の支払が命じられたとしても、裁判所でもその慰謝料を払う方が生活していくことが可能なレベルでの支払額を判断するので、「慰謝料=数千万〜億」といった考えはまずもってありえないことです。

今回の記事の報道でも「3億円」という金額だけが一人歩きしたということですが、現役時代ならともかく、以前までの記事から見ても、引退後の経歴から考えれば出てくるはずのないものと考えるわけです。

ある意味、メディア等の見出しは販売促進のための「キャッチコピー」なので、見出しではなく「本文の内容」がどうなのかということが最も重要なわけです。

芸能ニュースやゴシップなどを信用しすぎることなく、冷静に判断しながら自分自身の問題と向き合っていくべきものだと思います。

 

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ