矢口真里 不倫 騒動から見る、広がる自宅不倫の実態とは…

矢口真里 不倫 騒動から見る、広がる自宅不倫の実態とは…

最近の芸能関係での離婚騒動ニュースの傾向としては、女性側の不倫も取り上げられることが少なくないですが、これも矢口真里さんの一連のニュースがより一層イメージとして拍車をかけているように感じます。

しかし、芸能ニュースとは芸能界の中だけの出来事ということではなく、世の縮図を表していることもあるようです。

つもり、自宅不倫というのも現実としてあるのだとか…。

もちろん、その割合は語られることはまずないことだと思うので実態としての正確な数値を割り出すことは困難なのでしょうが、

今回は、離婚を経験した人だからこそ見える世界を知っているというジャーナリスト山路徹氏の離婚コラムから考察してみたいと思います。

 

以下、引用文

数々の修羅場をくぐり抜けてきたジャーナリスト・山路徹氏(51才)が、女性セブン読者のお悩み相談に応えます。今回は不倫のお話です。

【読者からの相談】
矢口真里さんの浮気スキャンダルが騒動になっていますけれど、うちの夫は「男が浮気するのは仕方ないにせよ、女がやるのはまずいだろ」と言います。うちの夫っていつも“女は淑女たれ”って言っていて、男のほうが偉いって思っているみたい。こんな夫、どう思いますか?(41才・専業主婦)

【山路徹のアドバイス】
だんなさんは、女性の権利が保障されていなかった明治憲法下の考えといっしょですね。そのころは男性の浮気は許されても女性の浮気は刑罰の対象でしたが、今でも“男の浮気は甲斐性”って思っていたら、とんでもない時代錯誤です。

男女は平等という価値観を共有していないと夫婦関係がうまくいくのは難しいですね。男性が優位に立っているのだとしたら、夫婦関係はいつか破たんしてしまいます。

矢口さんの問題は女性が浮気をしたから責められているというだけではなく、会見を開いて説明しないから騒動が長引いているんですよね。

ぼくは経験者だからわかるけれど、こういう問題って当事者がちゃんと会見して、「お騒がせしてすみませんでした」と言わないと、どんどん報道が過熱してしまう。

どういういきさつで離婚に至ったかを自分の口から説明しないと、あれこれ詮索されてしまうだけ。もちろん、会見をやれば叩かれますよ。ぼくもさんざん叩かれましたから(笑い)。でも、こういうときは一度サンドバッグにならないと、復帰も難しいんですよね。

夫だった中村昌也さんにしても、テレビでひとことコメントするだけではなく、会見を開くべきだったし、矢口さんのことをちゃんと擁護すれば、彼の株も上がったんじゃないかと思うんです。

話はちょっとそれましたが…。矢口さんの場合は現場をおさえられたというドロドロとした状況で、決してほめられたことではないけれど、彼女のようなケースは男性だけではなく、女性にもありうるということを世の中の人は価値観として認識するべきですし、それを踏まえた上で夫婦関係を考えていかなきゃいけない。

男性に浮気心があるように女性だって同じ気持ちでいることもあるでしょう。松田聖子さんも不倫スキャンダルでさんざん叩かれましたが、それでも、彼女の生き方を支持する女性たちだってたくさん出てきたわけですから。

それに、男性は“浮気される理由”ということも考えなくてはいけない。矢口さんの件はわかりませんが、ぼくが仮に妻や彼女から浮気されたとしましょう。そうしたら、まず「自分の何がいけなかったのか」とわが身を顧みるところからはじめますよ。

夫婦にせよカップルにせよ当人同士にしかわからないことがたくさんあるわけです。それを、男だから女だからとひとくくりにするのはよくない。これは、3度の結婚と離婚を経験したぼくにはよーくわかります。

VIA NEWS ポストセブン 7月12日(金)16時6分配信 山路徹 「中村昌也は矢口真里を擁護すれば株も上がった…」

 

矢口真里さんの一見としては、本人が未だに会見を行っていないので全てが憶測ということになってしまうのでしょうが、逆に弁明しないからこそそれを認めたことになるという芸能界特有の解釈のされ方をされてしまっているのかと感じます。

一般的な浮気問題でイメージすることは、旦那さんの浮気が発覚して、奥さんに問いつめられ、旦那さんがそのプレッシャーに絶えられずつい語ってしまい、最終的に立場が逆転するというようなものだったのですが、現在の浮気に関する実態もその着地点も少しずつ時代とともに変化しているのでしょう。

私の個人的な意見としては、矢口真里さんの一見で唯一良かったことと思うことは「子供がいなかった」ことです。

やはり、どのような理由で弁明されたとしても「自宅で」ということはそもそもの行為うんぬんの話しではないものだと思います。

俗に不倫の動機といわれる、「単にスリルや支配欲を満たしたいがための行為の延長」であれば、その代償はとんでもなく大きいものになり得ることなのだということを一連の報道を通じて教えてくれた反面教師として見るのが良いのかもしれませんね。

 

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ