黒木メイサ 赤西仁 離婚説「信じてついていく」に秘められた真実とは?!

黒木メイサ 赤西仁 離婚説「信じてついていく」に秘められた真実とは?!

ビッグカップルの結婚は、その後の一言でも話題となり注目されやすいものですが、もちろん軽はずみな言葉を使う女優や俳優の方はいないでしょう。

それがどれほどに影響力を持っているのかということは、嫌という程知っているはずですから。

そこで、今回飛び出した、黒木メイサさんの発言。

実に意味深なものです。

今回の離婚コラムは、赤西仁さんの奥様であられる女優の黒木メイサさんの会見後の報道記事について考察してみたいと思います。

 

以下、引用文

女優・黒木メイサ(25)が26日、都内で主演舞台『「源平盛衰記」異聞 巴御前 女武者伝説』の公開けいこ後に会見を行った。

昨年9月に第1子女児を出産後、初の主演舞台となる黒木は、武将・木曾義仲に守られ、守る女・巴御前役について「実生活が反映されている?」と質問され「信じると決めたものには信じてついていこうと思っている」と意味深コメント。

一部で離婚説が報じられた夫で歌手の赤西仁との信頼関係をうかがわせた。

【写真】けいこでは華麗な太刀さばきを披露

今まで1年に1回は定期的に舞台に出演していた黒木だったが、出産をはさみ3年ぶりの舞台作。

「けいこに入る前は不安があった」といいつつ、けいこを重ねるうちに「不安が解消されてきた」とニッコリ。

仕事と子育てとの両立には「やるしかないですから! 当たり前のことですね」と意気込んだ。

今年8月に1年5ヶ月ぶりに芸能活動を再開させる夫・赤西は「舞台を観に来る?」と聞かれた黒木は「来るんじゃないですか? タイミングがあえば」と語り、赤西の子育てやパパぶりについては「皆さんがいないときに報告します!」と交わし、共演者を立てていた。

この日、黒木は激しいアクションを3場面連続で披露。

『あずみ~AZUMI on STAGE』(2005年)で16歳にして明治座史上最年少座長を務めた際に共演した木曾義仲役の的場浩司は「その時は10代だったのに、こんなに素敵な女優になった。

アクションをやらせたら日本一」と太鼓判を押していた。

会見にはそのほか、堀井新太、大河元気、山崎銀之丞、愛原実花、西岡徳馬も出席した。

VIA オリコン 7月26日(金)15時27分配信 黒木メイサ、夫・赤西仁に「信じてついていく」 離婚説払しょく?

 

黒木メイサさんの「ついていく」という言葉には二言はないでしょう。

また、本来の女優業に復活できているということは、精神的にも落ち着きをとりもどせているのではないかと思います。

一般社会にしても、もう少しで乗り越えられるところなのに、相談した先なのか、選択をした本人なのかは分かりませんが、おかしな方向へと進む道を選んでいる方も少なくはありません。

最近では女性も仕事に対する生き甲斐を感じている方も多くなってきているので、お互いがお互いの仕事も趣味も生き方も考え方も尊重していくことができれば、離婚問題も少なくなるのではないかと思うところであります。

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ