ケンコバ「亭主がいぬ間に自宅不倫」するアイドルはイヤ!と痛烈に断言

ケンコバ「亭主がいぬ間に自宅不倫」するアイドルはイヤ!と痛烈に断言

芸能人の不倫・離婚騒動は、よくありますがここまで引っ張られて使われる不倫騒動も珍しいのではないでしょうか?

人には気の迷いや心の浮き沈みがあるのですから、モラルに反した言動があるということは当然に誰にでも起こりえることでしょうし、だからこそ道徳観をもった行動基準をもっている人が模範となっているのでしょう。

しかし、批判的な意見を言う人が全て道徳観をもちえた素晴らしい人かというと、必ずしもそうであることはないのですが、やはり出来事の重大さを指摘することは起きた問題点を風化させないためにも必要なことだと、私は個人的にあってもしょうがないことだと思います。

そこで今回の離婚コラムは、ケンドー小林(コバケン)さんの不倫騒動に対するコメントから考察をしてみたいと思います。

 

以下、引用文

映画『NMB48 げいにん! THE MOVIE お笑い青春ガールズ!』の初日舞台あいさつが1日に都内で行われ、キャストのNMB48山本彩と渡辺美優紀、ケンドーコバヤシが登壇。

お笑いで全国制覇を狙う女子高生の奮闘を描く映画にちなんで大喜利も行われ、「こんなアイドルはイヤだ。どんなアイドル?」というお題に対してコバヤシが「亭主がいぬ間に自宅不倫」と暗に不倫・離婚騒動で世間を騒がせた矢口真里の存在を示唆する回答をし、司会者を慌てさせる場面もあった。

ケンコバ、暴走?山本彩&渡辺美優紀フォトギャラリー

本作はNMB48の初主演映画となるが、「急な話で、撮り始める前日に台本をもらって」と山本が驚きの告白。

「右も左もわからない状態で始まった」とクランクイン当時を振り返った。

さぞや厳しい撮影になったであろうと想像できるが、意外にも「ケンコバさんや他の役者さんたちがリードしてくださって、リラックスできる撮影現場で楽しんでできました」と和やかに撮影は進んだようだ。

また、漫才のノリがわからない渡辺がコバヤシから指導を受けることもあったという。

「何回も練習させられて」と渡辺が明かすと、コバヤシは「マンツーマンで指導したんですよ。

理由わかりますか? (撮影の待ち時間が長くて)ヒマだったんです」と笑いを誘った。

そして、渡辺から「下ネタもいっぱい言っていました」と暴露されるなど、撮影現場でも勢いのあるコバヤシの姿が見られた様子だった。

本作は、大阪・難波を中心に活動するアイドルグループNMB48が出演し、2012年に放映されたコメディードラマ「NMB48 げいにん!」を映画化したもの。

お笑いで全国制覇を狙う有名女子高校のお笑い部に所属する女子高生たちが、新しく入部したかわいらしい転校生の出現によって大きく変化するさまを描く。(取材・文:嶋田真己)

映画『NMB48 げいにん! THE MOVIE お笑い青春ガールズ!』は全国公開中

VIA シネマトゥデイ 8月1日(木)17時28分配信 ケンコバ「亭主がいぬ間に自宅不倫」するアイドルはイヤ!

 

物事をはっきりと言い放ち、一刀両断にしてしまう人というのは、芸能界だけではなく一般社会にも多くいますね。

こういった人の言葉に耳を傾けることは私はある意味において重要なことだと思います。

とはいえ、そのような方が全てを把握しているというものでもないので、単に声の大きな人や常に脚光を浴びる人の意見が全てだとは思わない方がいいとは思いますが。

今回のケンコバさんの不倫騒動を揶揄するような発言は、ある意味当然のことでしょうし、指摘された側の方は男女関係の中でおかしてはならない一線を踏み越えてしまった結果のことなんだと思います。

これは男だからとか女だからとか言うことではなく、最低限のモラルだと思うのですが、これをひと時の時間が経過したあとに許されることになるのだとしたら、反感を感じてしまう人もいるのでしょう。

このような行為は、誰もが同様にはしないものですし、禁断の蜜はとても美味しそうに感じてしまうものだと思います。

しかし、だからといって、看過されないようにしないといけません。

おそらく、私たち一般社会で生きている人間でも同様の出来事が周囲に発覚した時点で、自分自身や身近な人たちの生きる道を狭めてしまうことさえあると思います。

やはり、結婚をして、結果的に離婚することになったとしても、そこに至る過程にはモラルのある行動を守らなければいけないことなのだとあらためて強く感じた記事でした。

 

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ