ミッチーこと及川光博の浮気現場の真相とその報道による妻・壇れいの胸中は?

ミッチーこと及川光博の浮気現場の真相とその報道による妻・壇れいの胸中は?

離婚の噂が、仕事にいい影響を与える場合とそうではない場合とがあります。

お二人の夫婦仲の実態と事実はどうであれ、以前に元宝塚の女優、檀れいさんの夫である、俳優の及川光博さんが、別の女性との密会現場が週刊誌にスクープされたことから、なかなか仕事の面で日の目を見ることができていない檀れいさん。

記事にもありますが、壇といえば、壇蜜さんを連想してしまう。元宝塚といえば、黒木瞳さんや天海祐希さん、真矢みきさんを連想してしまう。

離婚報道がその本人のプライベートだけではなく仕事に与える影響は、より清楚名イメージがある世界にいた人ほど、ダメージがあるのかもしれません。

そこで、今回の離婚コラムは、俳優の及川光博さんの奥様である元宝塚の女優、檀れいさんの報道ニュースから考察してみたいと思います。

 

以下、引用文

元宝塚の女優、檀れい(42)の夫で歌手、俳優の及川光博(43)が今週発売の「週刊ポスト」に和装美女との密会を報じられた。檀と及川は結婚直後から離婚の観測が絶えない不思議な夫婦だが、そのスタイルがそれぞれの仕事に影響を及ぼしているという。

及川の密会報道は、8月中旬の深夜に都内のガールズバーで、30代とおぼしき着物美人と長時間、親しげに飲んでいたというもの。及川は結婚直後の2011年9月にも女性誌で30代美女との密会が報じられたことがあった。

もともと2人の結婚生活は芸能メディアから常に注目の的。檀は近所でひとり暮らしをする母が心配で、月に半分は実家で過ごしていると言い、“半別居生活”がいまも続いているという。

いわば“檀の居ぬ間”にエンジョイしている及川のようだが、仕事はなんといっても現在レギュラー出演中のTBS系ドラマ「半沢直樹」が絶好調。主演、堺雅人(39)演じる半沢と同期入社の親友、渡真利忍を好演して存在感をアピールしている。鳴り物入りでレギュラーメンバーに加わったテレビ朝日系「相棒」は昨年いっぱいで卒業したが、熱烈なファンが多い音楽活動とあわせ、仕事は順調だ。

その半面、今ひとつハジケきれていないのが檀だ。芸能評論家の肥留間正明氏は「彼女の代表作は宝塚退団での初仕事となった2006年12月公開の映画『武士の一分』だろう。デビュー作と代表作が同じということは進歩がみられないということ。今やオジサンたちにとって『ダン』といえば、壇蜜が真っ先に思い浮かぶ」と残念がる。

CMで中高年男性のアイドルとして人気を集めたものの、その人気はすっかり壇蜜に移行。今年はこれから映画「くじけないで」(11月16日公開予定)と、「利休にたずねよ」(12月7日公開予定)と公開作が控え、11月は新橋演舞場での舞台「さらば八月の大地」もあるが、かつての勢いの弱さは否めない。

同じく宝塚の娘役スターから1985年に女優に転身した黒木瞳(52)が、今も順調なキャリアを積み上げているのと比較すると、檀の“伸び”の弱さが目についてしまうのだ。

「黒木は転身後、渡辺淳一氏原作の映画『化身』で裸も惜しまず、女優根性を見せてくれた。それがあって今も第一線で活動できている。娘役出身では、そのくらいの根性がなければ天海祐希のようなトップスターの大器に対抗できない。檀も、迷うことがなく黒木の道を歩めばよい」(肥留間氏)

黒木は91年の結婚後も映画「略奪愛」「失楽園」と何度も濡れ場を披露している。結婚が女優業の足かせになることはない。「舞台への情熱はピカイチだが、ちょっとプライドが高い」(舞台制作関係者)といわれる檀だが、今が正念場。なりふり構わず役柄に体当たりすることが、プライベートでも、仕事でも、活路を開くことになりそうだ。

VIA 夕刊フジ 9月6日(金)16時56分配信 檀れい“正念場” 「ダン」蜜にお株奪われ…夫に密会報道も

いまや、離婚するということは特別なことではなくなりましたので、一般社会の仕事上においては、それほどプライベートなことには関与しないにせよ、何かのきっかけで会話になり、その事実が見えてしまうこともあります。

そういった時に、もちろん事情によりけりですが、同情や興味を持つ人は少なくないと思います。

それが、いい方向に進む時もあれば、足下をすくわれることもありえることですよね。

全ての事実を伝えたとしても、相手の受け取り方次第では、違った出来事や感情として受け止められ、それが伝達されるということは、離婚問題に限らずあらゆることにも言えることだと思います。

離婚については、それぞれに事情が異なるので、端的に善し悪しを判断することはできません。

その後の生活いおける経済的な面等、複雑な要因が絡んでくることだからです。

とはいえ、悩んでいる期間が長いのであれば、その悩みはできるだけ早いうちに解決しておいた方がいいものです。

悩みを解決しようと模索し、行動し続けていれば、必ず解決の糸口は見えてくる物ですし、そのきっかけが訪れます。

あなたが信頼をおける人に相談する。

または、弁護士などの法律家に相談する、ということも解決につながる選択だと言えます。

思い悩んでいるよりも、先ずは行動をした方がいいのかもしれませんよ。

 

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ