沢村一樹の不倫に高嶋政伸の一撃が!笑う離婚裁判の経験者・笑えない不倫が発覚した男の心情とは

沢村一樹の不倫に高嶋政伸の一撃が!笑う離婚裁判の経験者・笑えない不倫が発覚した男の心情とは

離婚問題が泥沼化して、裁判等に進んでしまったとすれば、お互いのイメージダウンは避けられるものではありません。

もちろん、一般社会での話しでいえば、裁判は公だとはいえ、その詳細までは極わずかに関心を持つ人しか知ろうとはしないので、あまり気にする必要はないと思いますが。

有名人や芸能人等、メディアに取り上げられる方であれば、売名のためにという域を超えたものに発展してしまうこともあると思います。

最近の芸能人カップルの離婚裁判劇でもっとも有名なのは、ご存知の高島忠夫さんのご子息である高嶋政伸さんと美元さんの離婚裁判ですね。

そこで、今回の離婚コラムは、女優の美元さんとの離婚裁判問題でお茶の間をにぎわせ続けた、俳優の高嶋政伸さんが離婚後の胸中について、冗談を交えながらコメントするという記事から考察してみたいと思います。

 

以下、引用文

元妻・美元(34)と泥沼離婚裁判の末、晴れて自由になった俳優の高嶋政伸(46)が、仕事場で離婚の素晴らしさ!?を説いていた。先日、打ち上げが行われたテレビ朝日系ドラマ「DOCTORS2 最強の名医」の撮影現場で、高嶋が「離婚はいいぞ~」と盛んに勧めていた相手は、共演の沢村一樹(46)だ。一部週刊誌に、20代女性との不倫疑惑を報じられた「エロ男爵」こと沢村を高嶋がイジリまくったというから、笑える!?

5日に最終回を迎えた「DOCTORS2――」は、「エロ男爵」の異名を取る沢村が、スーパードクター相良浩介役。対する高嶋は、相良を敵視する医師・森山卓役だ。沢村以上に、高嶋演じる森山医師も好評で、顔をこわばらせ「ん、んんん…」と、口ごもるシーンはおなじみとなった。

「これまで“いい人”を演じることが多かった高嶋さんですが、美元さんとの騒動でイメージは落ちるところまで落ち、憎まれ役が予想以上にハマった(笑い)」とドラマウオッチャー。

こんな声が耳に届いていたのか、現場の高嶋はノリノリでムードメーカーになっていたという。“美元ショック”も完全に払拭。関係者いわく「口グセは『結婚はもうこりごり』で、現場では離婚ネタで笑いも取っていた。騒動以来、女性と交際するには母親の寿美花代さんの許可が必要になったとか(笑い)」

そんな高嶋のイジリ相手となったのが、ドラマの撮影の最中に一部週刊誌で「20代独身OLとの不倫疑惑」が浮上した沢村だった。沢村は週刊誌に取材されると、不倫疑惑を否定するどころか「3か月泳がせてくださいよ、ヤリますから!」や「いや、もう“してた”でいいですよ。バックでしました」など爆笑回答を連発し、強烈なインパクトを残した。

もっとも実際は「よりによって相手女性が近所に住んでたそうで、奥さんは『道ですれ違ってるかもしれないじゃない!』とブチ切れ。相当絞られ、さすがの沢村さんも平謝りだったそうです」(事情を知る人物)

これでは現場で話題にならないわけがない。

「緊張感とかではなく、沢村さんの受け答えが面白すぎたので、誰が本人に突っ込むかという話で持ちきりでしたね」とはドラマスタッフ。そんななか、あるベテラン俳優が「週刊誌に出てたね」と直撃。沢村は「ちょっと~。その話はマジでヤバイんですって!」と必死に“抵抗”したが…。

その瞬間、不倫ネタは解禁。すかさず高嶋が「こりゃ離婚だな、離婚!(笑い)。いいぞ~離婚は。1人は楽だぞ~!」と“悪魔のささやき”攻撃だ。

「これには沢村さんも苦笑いを浮かべるしかありませんよ。ただ、ムードメーカーの高嶋さんのおかげで、現場の雰囲気は明るくなりましたが」とは前出ドラマスタッフ。

先日、都内で行われた打ち上げも、沢村が大スパークし盛況だったという。

すでにテレ朝では続編も検討されているというから、再び名コンビが見られる日も遠くない。

VIA 東スポWeb 9月13日(金)11時0分配信 高嶋政伸が「エロ男爵」沢村一樹に“悪魔のささやき”「いいぞ~離婚は」

この記事から、高嶋政伸さんの気持ちの面を考察すると、ひとつの大きな問題を解決したあと、冗談を笑えるほどまでに冷静に考えられるようになったのだと思います。

もちろん人によりけりですが、離婚裁判が終了したからスッキリとできるものではなく、それ相応の気持ちの整理が必要ですし、尚かつ、高嶋政伸さんのように、人から言いづらいことを自分で発言してネタにしてしまう。

というようなコミュニケーション手法は、誰もが快く受け入れてくれる傾向があります。

ただ、さすがに沢村一樹さんにとっては、かなり痛いモノがあるのだと思いますが。

沢村さんにしてもこの不倫騒動で離婚に進んでしまったのでは、やはりイメージも変わってきてしまいますし、奥さんがいるのにセクハラまがいの発言を堂々とできるというのがキャラクターのようなので、なんとか踏ん張りたいところなのだと「苦笑いで口を開かなかった」という状況から考えられるのです。

キャラクタとしてではなく、本当に不倫が発覚してしまったわけですから、これからの沢村一樹さんの生活や行動には色々な制約が伴ってくるのでしょう。

芸能関係者の話題をよくメディアでは、ゴシップとして取り上げられます。

一見すると、自由な業界のように感じるものですが、結局のところは本人の考え方次第で、結婚による不自由さや、離婚することで失うものがあるのでしょう。

自分自身の考え方をしっかりと持ち、現在の生活を見つめてみる。

将来のことも考えてみる。

離婚を決意する前に必ず、考えておくべきことなので、しっかりと時間を作り、じっくりと考えるようにしてください。

 

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ