理由にならない!女医・西川史子が国生さゆりの離婚理由をバッサリ切り捨て?

理由にならない!女医・西川史子が国生さゆりの離婚理由をバッサリ切り捨て?

昨日の離婚コラムでも記事にした国生さゆりさんの離婚カミングアウトについて、「すれ違い」は離婚の理由にはなるものではないと女医であり、タレントとしても活躍中の西川史子さんが自身の考え方をテレビ番組で語りました。

ちなみに、そのないようも「確かにおっしゃる通り」というもので、イメージダウンを避けるつもりだったのかは分かりませんがブログで自身の離婚についてを報告した国生さゆりさんにとっては痛いご指摘なのかもしれません。

そこで、今回の離婚コラムは、女医・西川史子さんが痛烈なコメントをした記事から考察してみたいと思います。

 

以下、引用文

離婚を電撃発表した女優の国生さゆり(46)について、15日放送の情報番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、女医の西川史子がコメントした。

【他の写真を見る】離婚を電撃発表した国生さゆり

今月13日に「ハピくるっ!」(関西テレビ、月~金、午後2時58分)の番組内で、コンサルタント会社社長の甲田英司氏と9月9日に離婚していたことを発表した国生。「お互いに仕事が忙しくすれ違いの生活が続きいつしか心もすれ違っていました」と原因を明かしていたが、西川は、「すれ違いなんて、みんなすれ違っているじゃないですか。離婚の理由にならないですよ」と批判。同じく、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵も「かみ合うとこなんてないですよね」と西川の意見に共感した。

また、国生と同じ結婚記念日、さらに同番組の別の曜日のレギュラーを務めている西川は、離婚発表を受け、「メールしたら送れなかったんですよ。アドレスが変わったみたい」と苦笑い。さらに、「番組スタッフは、次は私が離婚することを期待している」と困惑気味に語った。

国生は、2009年に甲田氏と婚約し、昨年2月14日のバレンタインデーに再婚。離婚発表後、国生は自身のブログを更新し、「二人で何度も話し合った上での結論です。これまで結婚生活を祝福して下さり応援してくださいました友人、知人仕事関係者の皆様本当にごめんなさい」と謝罪した。(モデルプレス)

VIA デイリースポーツ 9月13日(金)16時45分配信 国生さゆり ブログでも離婚報告 元夫には「感謝の言葉しか…」

西川さんといえば、なかなか結婚できずにいたが、晴れて幸せな結婚ゴールインをされたということでも話題を集めた方です。

そんな苦労もあるからこそ、結婚と離婚を簡単に繰り返してしまうように見える女性に対しては、きついおしかりの言葉を浴びせるのは有名なこと。

あの、矢口真里さんの自宅不倫現場が目撃された時にも、同じ女性の目線でもまったくのフォローをせずにバッサリ!

人によっては、きつめの指摘をする姿に嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、

私は、西川さんの考え方には納得できるものを感じます。

なかなか言いづらいことを言えなくなってしまったご時世に、このようにダメなものはダメ、良くないことはほめないという性格の人の意見も大事だと感じるのです。

もちろん、離婚するかどうかは、そのような人の意見を聞き入れる余裕がない状況が多いものです。

ただ、そんな時こそ冷静に、ご自身の今後のことも含めて客観的な目線で判断できるといいのでしょう。

 

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ