北陽あぶちゃんDV離婚危機の真相!発言の真意と夫婦円満の秘訣!

北陽あぶちゃんDV離婚危機の真相!発言の真意と夫婦円満の秘訣!

北陽の虻川さんといえば、

結婚される以前までは、モテない女芸人の代表格としてバラエティ番組にも

よく顔を見せ笑いを提供してくれていましたが、

ご結婚されてからというもの、「モテない」「独り身」などという言葉は

笑いに使えなくなった姓もあるのか、少し失速した感じは否めないのかもしれません。

 

もちろん、一般的な社会でも

仕事柄にもよりますが、自分自身に興味をいだいてもらったり、

注目を集め、コミュニケーションをとる手法の1つとして

「異性との縁がない」

というイメージをあえて使うなんてことが、特に女性には多い傾向があると聞きます。

 

ところが、異性との縁がないイメージを演じていたとなった時には

逆効果になる場合もありえることだと思います。

 

「異性との縁がない」と発言する程度のことは、

相手をだますためのものではないと考えたのかもしれませんが

信用という面では、その後に若干マイナス面が出てくるのかもしれません。

 

これは芸能関係者なら当然ですが、仕事に影響が出てくるのであれば

自身のイメージを相手にどのように抱いてもらうのかということは

とても重要なことなので注意しなくてはいけないことなのでしょう。

 

そんな、お笑い芸人・北陽の虻川さんが幸せな結婚生活を過ごしているのかと思いきや

最近になり、夫婦仲が険悪だという報道がメディアをにぎあわせています。

 

この原因としては、虻川さんがバラエティ番組の中で、

夫である桝谷周一郎さんから

虻川さんの暴言や口の悪さ、暴力癖などがあるということを暴露されたことが原因といわれています。

 

お笑い芸人にとっては、むしろ「ネタ」なのでしょうが

笑い話から一転、これが不仲説となり報道されているのが現状のようです。

 

ただ、これまでの離婚危機という報道であったり、

今回もこのようにメディアで取り上げられている背景には

虻川さんが笑い話で指摘されているエピソードも

笑いの次元ではなくなってきているのではないかと考えるわけです。

 

当然、仕事なわけですし、

笑い話として周囲の方も受け止めてくれるのであればいいのでしょうが

夫の桝谷周一郎さんにしても、シェフであり、

男性としてのプライドもあると思います。

 

一歩間違えれば、完全にDVとして成立してしまうわけですし、、、

 

笑い話だと理由付けをして、虻川さんの言動が増長していけば

当然、不満も出てくるでしょう。

 

そんな憶測を感じさせる虻川さんの最近の発言は

「私が料理がヘタでガサツで男みたいなのは事実だけど、不仲ではないかだ~!!

信じて貰えるかしら!?」

と、不仲説を否定しています。

 

ただ、最後に虻川さんは

「一年後には、いかした妻になれるように頑張るので、皆様、見守って下さいませ」

という言葉で締めくくっているのです。

 

この言葉から読み取るに、

不仲説は本当だったんだろうと思います。

 

ただ、最後の虻川さんの言葉には

反省と自分自身への成長の意思がみえるものです。

 

とは言っても、判断する期間として

1年間の期限付きなのかもしれませんが。

 

決して、結婚した頃のラブラブといった状態ではないと思いますが

女性から折れるという態度と

周囲への周知

これについては、

世の女性も見習うべき夫婦円満の秘訣なのかもしれません。

 

相手への不満が少しずつ蓄積していき

離婚も考えるようになるということは

それほど珍しいことではないと思います。

 

ただ、その責任を全て相手に押し付けるような考え方をしていた時には

あとからとんでもないしっぺ返しが来ることもありえるのです。

 

悩み苦しんでいるのであればともかく、

安易な離婚は、決しておすすめするものではありません。

 

今回の記事が、離婚を考えている人にとって良きものとなるのであれば幸いです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ