養育費がもらえない?そうなる前にしっておくべき「どうすれば?」

養育費がもらえない?そうなる前にしっておくべき「どうすれば?」

離婚後に養育費がもらえないケースは圧倒的に多い

もしも、あなたがこれから離婚をして

母子家庭となり、子供を成人になるまで育てていこうと考えるのであれば

「養育費」がもらえ続けた場合は、

極まれなパターンに該当するのだということを覚えておいた方がいいかもしれません。

 

というのも、厚生省の調べでは

離婚後、母子家庭となった8割もの方達が

「養育費をもらえていない」

ということなのだそうです。

 

この「養育費をもらえていない」という割合は、

離婚後の年数が経つにつれて増加していくようです。

 

もちろん、様々な事情から

「払いたくても払えない」といった方もいると思います。

 

とはいえ、養育費は子供がもらうことができる権利のものです。

 

養育費の支払がされていないということは、

親としての義務を果たしていない

とも言い換えることができます。

 

ただ、「義務だ」「責任だ」と相手を問いつめても

無い袖には触れられない

といわれてしまえばそれまでです。

 

そこで、離婚する前段階で

「養育費をもらい続ける」ために知っておくべきことについて考えてみます。

 

離婚を決める場合には、約9割の方が協議離婚

つまり「話し合いでの離婚」をするようです。

 

ということは、離婚する夫婦の10組に1組の方たちは

話し合いで折り合いがつかず、

調停、審判、裁判での離婚をするということになります。

 

調停、審判、裁判での離婚を選ぶ方達は

大抵は、弁護士等の専門家に相談しているので

 

ここでは、弁護士などの専門家に相談していない方へのアドバイスと

離婚と養育費と面会の考え方についてお伝えしていこうと思います。

 

話し合いでの離婚の場合は、

誰も証人がいないということにもなるので

離婚する条件等は「離婚協議書」に取り決めた条件等を

ことこまかく記載しておくことをおすすめしています。

 

また、その離婚協議書を含めた離婚についての条件を

公正証書にしておくといいです。

 

ここには、お子さんとの面会や養育費についても

決定したことを記載しておくようにします。

 

こうすることで、将来的に

もしも、養育費が支払われなくあった場合には

「履行勧告」「強制執行」「差し押さえ」といった法的手続きに進むことができるので

安易に「あの人なら大丈夫」などと思い込まずに

しっかりと、おさえるべきことは、おさえておきたいところですね。

 

人の気持ちとは、年月とともに変わるものですし。

 

ただ、ここで注意しておきたいことは、

公正証書にしたからといって安心できるものではないということ。

 

履行勧告とは、家庭裁判所に申し立てれば

裁判所から「払いなさい」と書面で伝えるだけのものなので

これを無視しても罰則規定が無いことから

履行されない、つまり、支払わない人も意外にいるのだとか。

 

 

ただし、この履行勧告を無視した場合には

次に「差し押さえ」などの手段に進むことができます。

 

ここは専門的な知識と手続きが必要なところですし、

ケースバイケースで検討される項目がたくさんあるので

弁護士や行政書士等の法律専門家に相談した方がいいでしょう。

 

実際には、給料や財産等の差し押さえをすることで

養育費の支払を強制的にさせるというものです。

 

ただ、これで一安心と腰を下ろさない方が賢明だといえます。

 

というのも、毎月安定して給料が支払われるサラリーマンの方であれば

給料から天引にするといったこともできなくはないのですが

「転職等により、もらえなくなった」というのがよく聞くパターンです。

 

また、離婚から月日が経ち、

連絡が取れなくなってしまえば元も子もありません。

差し押さえするにも、相手の銀行口座や勤め先の情報等を

把握しておかなければ差し押さえようが無いのですから。

 

なので、離婚の理由によっては

もう二度と顔を合わせたくないという方もいるとは思いますが

連絡を取れるようにしておくべきなのだと思うのです。

 

ここは、たとえあなたにとっては「嫌いな人」なのだとしても

上手におつきあいしていった方が

後々の経済的な生活にも影響してくるかもしれませんので

どうすべきかを考える必要がありますね。

 

 

では、具体的に、どのようにすればいいのか?ということについてですが

これからお伝えすることは、私の知る方法としてのあくまで一例なので

あなたが納得をすれば参考にしてみてほしいと思います。

 

 

お子さんと離婚する相手との面会については

どのような取り決めをしたのか?

または、どうするおつもりでしょうか?

 

 

イキナリ、子供の面会についてって、

唐突だとお思いかもしれませんが

実は、ここが重要なポイントなのです。

 

 

実は、別居中も含めた離婚後に

「子供に会わせない」という方もいるようです。

 

 

子供を利用して権利の主張をする。

 

 

こういった考え方は、

人の気持ちを考慮しない弁護士がよく使う手法ですが

 

私が思うに、権利ばかりで

人の気持ちをおざなりにした対応をしていれば

必ずそのしっぺ返しが自分自身に降り掛かってくるものだと思っています。

 

離婚するにあたり、それぞれの諸事情があるので

一概に言えることではありませんが

子供の大半は、「親に会いたい」という素直な気持ちさえ

親にいえずにいる子供も多いようです。

 

自分の本年お気持ちを親に伝えることができないのって

とても残念なことですよね。

 

そうなると、可哀想なのはだれなのでしょうか?

子供と会えない離婚相手なのでしょうか?

 

 

子供といえども、小学生中学年になれば

一人の人格者です。

 

ひょっとすると、離婚する一部始終も見ながら

子供ながらに思うこと感じることがあるかもしれませんね。

 

全てが、親と同じ気持ちでいるということはありえません。

 

もしもあなたにお子さんがいるのであれば

離婚後の面会については、

しっかりと子供の気持ちを考慮しながら

決定するべきことだと思います。

 

そうした子供の気持ちを踏まえて

面会の条件等もある程度は譲歩しながら話し合えば

離婚相手に、「子供には養育費をあげたい」と感じさせることも可能だと思います。

 

 

離婚相手にしても、養育費を支払わなければ…というような気持ちは

必ず持っていますし、支払っていないのであれば

罪悪感は蓄積していくものです。

 

 

なので、決して「子供を合わせない」ということに

優位性を感じるのではなく

 

あなとのお子さんが「会いたい」と思っているのであれば、

その気持ちを察してあげて、子供と会わせるようにしてあげることも

ぜひ実践してあげてほしいのです。

 

 

これは、ある意味、寛容な方にしかできないことかもしれません。

 

 

ただ、上述したようなアドバイスを聞き入れることができずに

「面会させない」→「養育費が支払われなくなった」

という結果はよく聞くことです。

 

こうなってしまうと、

子供を合わせないことで、相手を苦しめているように見えて

結局は自分の首を絞めているのかもしれませんね。

 

 

中にはアドバイスをうまく解釈して

離婚相手とうまくやり取りすることで

定期的に養育費をもらえるようになった方も実際にいます。

 

 

養育費を絶対にもらい続けられるようにする方法等はありません。

少しでも、支払われる可能性が高くなるように

離婚の条件などを決めておくことが鍵になるでしょう。

 

納得できたとすれば、ぜひ、参考にしてみてほしいと思います。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ