親子関係不存在の訴え(おやこかんけいふそんざいのうったえ)

親子関係不存在の訴え(おやこかんけいふそんざいのうったえ)

法律的な解釈として、夫婦間の子とは、婚姻中、または、離婚後300日以内に生まれた子となっています。

これも、婚姻中の夫婦間にできた子(嫡出子)と推定されるという考えからなるものです。

しかし、実際には夫以外の男性との間に生まれた子(非嫡出子)というケースもあり、そのような場合に、その父親とされる男性との父子関係が存在しないことを確認するための訴訟手続きを親子関係不存在の訴えといいます。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ