債権(さいけん)

債権(さいけん)

債権とは、ある者が、特定の者に対して「一定の行為」を要求することを内容とする権利のことを言います。

ここでは、特定の債権者が、特定の債務者に対して、特定の財産上の行為をすることを請求する権利で用いられます。

例えば、建物の売主が、建物の買主に代金の支払を求める権利や、

居住用マンションの賃貸借契約終了に伴い、そのマンションの家主が、居住者にあたる賃借人に家屋の明渡しを求める権利などがこれにあたります。

なお、債権譲渡(さいけんじょうと)よは、その債権の内容を変えることなく、債権者だけを変更する契約のことをいいます。

債権は、法令で譲渡が禁止されている場合などを除いては、原則として譲渡できるからです。

ただし、債務者への通知、または、債務者の承諾がないと債権譲渡を債務者に対抗できず、その通知、または、承諾に確定日付がない場合には、債務者以外の第三者に対抗できない事となっています。

また、多額の負債を抱えて経営困難に陥った企業に対し、融資元の金融機関がその再建を支援するため、債権の一部を放棄して債務の弁済をあきらめることを「債権放棄(さいけんほうき)」といいます。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ