代理人(だいりにん)

代理人(だいりにん)

自分本人ではなく、その本人に代わって他の誰かに法律行為を行うことを代理するといいます。

裁判などの法律的な手続きがともなう行為については、

一般的に、弁護士などの法律家が代理人となって行います。

ちなみに、代理の効果が生じるには、原則として、

代理人が代理権を有すること
代理人が本人のためにすること

これらを示して代理行為をすることが必要となっています。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ