離婚届の書き方

離婚届けを「書く」。そして、「提出する」。

離婚を実際に体験した方しか知り得ないことですが、こういったことは、たいはんの方が「初めての体験」で、特に、離婚届けを書くときなどは、動揺してしまい書き間違えるといった事もあるかもしれません。

こちらのページでは、離婚届に記入する時の注意点などについてを解説していきます。

離婚届の書き方は十分に注意する

ただでさえ、面倒な離婚の処理です。

仮に、夫婦間が「気まずい状態」であったならば、なおさらのこと、あなたのミスで、相手に「もう一度書いて」とお願いするなんてことは「できない」と思うことは当然の心情だと思います。

離婚届はどこにある?

「離婚届」は、地方自治体などの役場でもらえます。

なお、このときには、一緒に「離婚届の記入例」ももらうことができます。

基本的には、「離婚届の記入例」にそって記入していけば、特別な問題はありません。

なお、離婚届には証人の記入欄がありますので、「証人になってくれる人」にも、離婚届をしっかりと見せて、書いてもらうようにしたいところです。

離婚届記入時の注意点

では、次に離婚届を記入するときの注意点について解説していきます。

氏名
  • 離婚前(現在)の氏名を記入します。
    ※戸籍に記載されている氏名を正しく記入します。
生年月日
  • 西暦ではなく、「大正」「昭和」などの年号で記入します。
    ※「T」「S」などの省略は認められません。
住所
  • 離婚時に自分の住所登録をしている住所(現住所)を記入します。
    ※離婚届を役場に提出と同時に 離婚後に転入・転移届けを出す時は、転入後・転移後の新しく住む住所を記入しないといけません。
本籍
  • 離婚前(現在)の夫婦の本籍を記入します。
父母の氏名
  • 自分達の父母の氏名を記入します。
    もし、亡くなってしまっている場合は必要ありません。
  • 父母が結婚している場合は、母の名字は省略できますが、その場合、母の下の名前は必ず記入するようにします。
    ※続柄の欄に関しては、戸籍標本の通りに正確な続柄を記入します。
離婚の種類と成立日
  • 離婚の種類にチェックをします。
    ※調停離婚、審判離婚、裁判離婚のチェックマーク欄の横に「○○年○○月○○日成立」と記入する部分があるので、 離婚が成立した日を記入します。
婚姻前の名前に戻るものの本籍
  • 婚姻届によって、戸籍が動かないほうが「筆頭者」になります。
    「夫」が筆頭者の場合であれば、「婚姻前の氏に戻る者」は、「妻」
    「妻」が筆頭者の場合であれば、「婚姻前の氏に戻る者」は、「夫」
  • 「婚姻前の氏に戻る者」は、届出用紙に記載されてるように、
    「元の戸籍に戻る」もしくは「本人だけで新しく戸籍を作る」を選択します。
子供 未成年の子の氏名
  • 「未成年の子」がいる場合は、夫か妻のどちらが親権者になるか決定して記入します。
同居の期間
  • 同居していた期間を記入します。
別居する前の住所
  • 別居中であれば、別居する前の同居していた住所を記入します。
別居する前の世帯の主な仕事と夫妻の職業
  • 該当する項目欄にチェックを入れて選択します。
その他
  • 空欄でも問題ありませんが、追記する事があれば記入します。
差出人 署名押印
  • 必ず本人が記入して署名押印します。
    ※印鑑は実印でも認印(三文判)でも大丈夫です。
証人
  • 協議離婚の場合のみ、証人が必要になります。
    ※証人となれる条件は、満20歳以上の成人です。
  • 必ず、証人本人に直筆で記入してもらいます。

以上が、離婚届けを記入する時に注意しておきたいポイントです。

離婚届けを記入するときは、ほぼ、諸問題も解決している状態だとは思いますが、できるだけ書き間違えのないように注意をして、相手方にも余計な作業を追加するといったことのないように、気をつけておきたいところです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ