調停離婚

調停離婚とは、夫婦間で話し合いをしたが

  • そもそも離婚についての合意ができない
  • 相手が離婚の話し合い自体にも応じない
  • 離婚の合意はできているが、様々な条件についての折り合いがつかない

といった場合に、家庭裁判所に離婚の調停を申し立てて、その家庭裁判所に在籍する調停委員の助けをかりて離婚することをいいます。

現代の日本国内における、全離婚件数のうち、約90%が協議離婚のようです。

そして、残り10%のうち、約8%が調停離婚によるものという統計が出ています。

離婚調停で離婚する

離婚調停は、前述の通り「裁判所で、調停委員が当事者の間に入り、話し合いでの離婚問題の解決しようとする手続き」のことです。

離婚調停

こちらの見出しは「離婚調停」となっていますが、誤記ではありません。

調停で離婚することを「調停離婚」といい、離婚をするための調停のことを「離婚調停」といいます。

似たような言葉で分かりづらいかもしれませんが、混同してしまわないように注意したいところです。

「離婚調停」では、男女各1名の調停委員が、離婚の合意や財産分与等の離婚の条件について、あなたと相手の意見の調整を行ってくれます。

「調停前置主義」という考え方から、たとえ、「離婚裁判」での結果を求めているのだとしても、その前に、「離婚調停」を行うということになっています。

離婚調停は、調停委員が間に入ると入っても、あくまで夫婦間の合意がなければ成立しないまのです。

つまり、相手が「別れるつもりはありません」という意思表示をすれば、離婚の成立は難しいといえます。

また、裁判所で行う夫婦問題の調停としては、離婚するための調停だけでなく、やり直すための円満調停の申立もできます。

離婚調停の申し立て

離婚調停は、相手方の住所地の家庭裁判所、もしくは、当事者が合意で定める家庭裁判所に申し立てます。

詳細については、申し立てを予定する裁判所に確認してみてください。

離婚調停の流れ

調停離婚の申し立てを家庭裁判所の受付窓口に提出すると、提出後に裁判所から連絡通知があるので対応します。

離婚調停では、非公開の調停室に入り、調停委員と円満な解決を目指して話し合いが始まります。

離婚調停は、一般には非公開で、調停委員会(家事調停委員:男女2名、裁判官1名)が、夫と妻が顔を合わせないように入れ替わりで調停室で話し合いが行われます。

この離婚調停では、破綻していた夫婦が婚姻生活をやり直すことも多いようで、離婚調停の申し立てを取り下げられると言ったケースも少なくはないようです。

また、一概にはいえませんが、3〜6ケ月以内に終了することが多いようなのですが、なかには1年以上かかるという夫婦もいるようです。

調停の成立と不成立

「離婚調停」で、様々な条件等も含めて、最終的に離婚に合意するか、もしくは、離婚には合意しないかの判断を当事者双方が行います。

ここで、離婚に合意した場合は「離婚調停成立」となります。

このように「離婚調停」が成立した場合であれば、調整されたお互いの意見を全て記載した「調停調書」が作成されます。

ただし、離婚の合意に至らない場合や、相手がどうしても出席しなかった場合には、調停不成立、つまり「不調」となり離婚調停は終了します。

離婚調停不調の後に離婚を希望する場合であれば、「離婚審判」「離婚裁判」へと進んでいくことが可能となります。

調停離婚の成功のポイント

相手を攻め立てるよりも、自分の状況を第三者に理解してもらえるように、客観的にできるだけわかりやすく説明できるように努力するといいようです。

  • とにかく冷静に〜感情的、一方的にならず、相手の言い分を聞きいれる余裕をもつ
  • 肩の力を抜く〜調停で全てを解決しようとあまり意気込まないようにする
  • 人は見かけ〜常識のある社会人として身だしなみを整えて調停にのぞむ
  • 怒らない、大きな声を出さない〜どんなことをいわれるか分かりませんが、調停中は絶対に感情的にならないように
  • 譲歩する〜妥協するところは妥協することが解決の糸口
離婚届の提出

調停で離婚が成立しても、そこで離婚となるわけではありません。

つまり、離婚届を提出して、受理されることで正式に離婚が成立するということになります。

この場合に、離婚届は、調停を申し立てた側が、調停が成立した日から10日以内に離婚届を提出します。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ