協議離婚のメリットとデメリット

「離婚協議」とは、夫婦による「離婚のための話し合い」をいい、この「離婚協議」で離婚することを「協議離婚」といいます。

こちらのページでは、この「離婚協議」で離婚する場合の「メリットとデメリット」について解説していきます。

協議離婚のメリット

離婚成立までの時間が比較的早い

協議離婚は、夫婦の合意が成立さえすれば、離婚届を役所に提出して受理されるだけなので、離婚の条件等も含めて合意までの時間が基本的にかかる時間となるので、離婚成立までの時間は一般的に早いようです。

高額の解決もあり得る

夫婦の状況や離婚の理由にもよりけりですが、早く離婚したい側が譲歩をするために、慰謝料や財産分与・養育費などについて、高額で解決しているというケースもあるようです。

多額の費用が必要ない

夫婦だけで離婚問題を解決することができれば、弁護士などの専門家に依頼する必要はないので、もちろん余計な経費などはかかりません。

協議離婚のデメリット

メリットがデメリットとなる

夫婦だけで話し合えるのですが、ここで感情的になったりしてしまうと、解決までに時間がかかってしまうというケースもあるようなので注意が必要です。

声の強い方に押し切られてしまう

法律的なことも含めて、冷静に、そして、客観的に判断するのではなく、「声の大きい方」に押し切られて、泣き寝入りさせられたり、当事者ではない親や知人が登場して、かき回されてしまうといったケースもあるようです。

法的解決にはなりずらい

法律的な観点から十分に検討しないまま離婚の合意をしてしまったために、養育費等を支払ってもらえなくなったりするといったケースもあるようなので、十分な離婚の知識を得てから話し合いにのぞむべきものといえます。

公正証書を作成費用が必要

夫婦の話し合いは、いわば、単なる口約束です。

この夫婦の合意内容について、証明力を持たせるための書面化するには、「公正証書」を作成する必要があるので、その場合には数万円の費用がかかるので、調停に比べると割高になることもありえます。

以上が、協議離婚の一般的な「メリット」と「デメリット」ですが、一件自分に都合のいい条件のように感じていても、それが後々に法的には妥当と判断されない場合もありえますし、安易に決めてしまうことで自分自身が思ってもいなかったような不利な状況になってしまうこともありえます。

やはり、協議離婚といえども、自分自身がしっかりとした「離婚の知識」を身につけることで、未然に起こりえるトラブルなどを防ぐことができるので、十分に注意しながら、ときには法律の専門家にも頼ることも視野に入れながら進めることが賢明といえますし、おすすs目している方法です。

読んでいただきたい関連項目

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ