破綻主義

離婚裁判での離婚問題を解決するにあたり、この「破綻主義」という考え方は知っておいて損は無いのではないかと思います。

最近では、「結婚生活・夫婦仲が既に破綻しているのに、夫婦関係を続けるのは不自然である」という考え方もあるようなのです。

では、この考え方を前提にするのであれば、はたして、離婚の原因をつくった本人からの離婚請求、

つまり、「有責配偶者からの離婚請求」は認められるものなのでしょうか?

離婚原因がある当事者からは離婚請求ができない?

以前までの考え方では、

仮に浮気をした配偶者からの離婚の申立ては認められることはなかったのですが、近年では、その夫婦の「結婚生活の実態」も考慮して、「もはや破綻している」と判断される場合には、有責配偶者からの離婚請求の申立ても認められているようです。

このような考え方は「破綻主義」といわれます。

とはいえ、有責配偶者からの請求が認められるためには、当然のことですが、いくつかの条件が必要となるようです。

夫婦の様々な個別の事情とあわせて、「破綻主義」があてはまるのかどうかを総合的に判断されるということです。

破綻原因をつくった側でも離婚できる?

「浮気をした妻」が「夫」に離婚の請求をする場合(例)

このように、「夫婦仲の破綻の原因が離婚を請求する側にある場合」は、原則として離婚は認められないという考え方が基本のようです。

しかし、次の事情などを総合的に考慮して、「夫婦仲は破綻していて修復は難しい」と判断されれば、夫婦仲の破綻に原因のある配偶者からの離婚請求が認められる場合があります。

有責配偶者からの離婚請求が認められるケース
  • 別居期間が長い
    〜別居期間と、同居期間とを比較すると、別居期間が相当に長い場合
  • 未成熟の子供がいない
    〜親から独立して生計を営むことができない子どもがいない場合
  • 離婚後の生活に心配がない
    〜離婚請求された相手方が、精神的・社会的・経済的に過酷な状態にではない場合
  • 有責性の程度
    〜離婚を認めても「著しく社会正義に反する」といえるような特段の事情がない場合

また、双方に夫婦仲の破綻の原因があり、すでに夫婦仲が破綻している場合にも、いずれかからの離婚請求は認められるようですが、ただし、「破綻主義」とは諸刃の剣ともいえます。

逆に、相手側から「有責配偶者」として離婚裁判で主張され、認定されれば、それに対する慰謝料などを支払う必要が出てくる場合もあるようなので、単にこの「破綻主義」という考え方だけをもって、離婚裁判に進んでいくことはあまりおすすめできるものではありません。

離婚裁判では、「破綻主義」という考え方も判決の要素になりえるということを知識として知っておいたほうがいいのかもしれません。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ