和解という選択肢

離婚裁判がはじまって、判決が出るまでの数ヶ月の間、「必ず結果を待たなければいけない」ものなのかといえば、必ずしもそうとは限りません。

あなたと相手の離婚裁判でのぞむ着地点にもよりますが、裁判の途中で代理人を通じて「和解」を促す場合もあるかもしれませんし、裁判所からの「和解の提示」により、判決を待たずに裁判を終了するといった選択もすることができます。

和解も円満解決のひとつ

このように、離婚裁判まで進んでいても途中で「和解」する場合であれば、形式としては「協議離婚」の一種ということになるようです。

では、次に「和解」することを選択した場合の2つの方法について説明していきます。

和解離婚と認諾離婚

「和解離婚」と「認諾離婚」とは、簡単に説明すると、離婚裁判の判決以外で離婚問題を解決するための方法です。

和解離婚

「和解離婚」とは、離婚訴訟中に当事者の歩み合いで訴訟を終了させ離婚するといった、裁判所の判決以外の方法で離婚することをいいます。

離婚裁判での審理を繰り返していく中で、裁判所から「判決より双方の合意で離婚した方が望ましい」と、和解を促す「和解勧告」が行われるというケースもあります。

裁判官の和解仲介から、離婚調停でまとまらなかった事件でも、「判決をくだす裁判官が言うのであれば」ということで、離婚裁判を経て和解でまとまるというケースも多いのが実情のようです。

しかし、あなたが納得できない場合であれば、必ずしもこの「和解」に応じる必要性はありません。

認諾離婚

「認諾離婚」とは、離婚訴訟中に、「被告(訴訟を起こされた側)」が、「原告(訴訟を起こした側)」の言い分を全面的に受け入れて成立する離婚をいいます。

しかし、親権者問題・財産分与・慰謝料など、離婚そのもの以外にも訴えがある場合、それらも全て受け入れなければ、この認諾離婚で離婚を成立することはできません。

裁判の途中でも、「和解」もしくは、「認諾」が成立した時点で、財産分与や慰謝料などの合意とともに、離婚が成立するというこです。

和解調書と認諾調書の効力

「和解調書」と「認諾調書」とは、上述のように、離婚訴訟の途中でも離婚の合意がなされた場合に作成される書面のことをいいます。

認諾調書であれば、家庭裁判所が調書に、「原告の離婚請求を被告が認諾した」との旨を記載することで、離婚裁判が事実上終了し、「離婚」が成立します。

このときに作成された調書は、離婚裁判の判決と同様の効力を持つものなので、離婚裁判の判決や調停調書と同じように強制執行もできる効力があります。

和解調書・認諾調書と離婚届を提出

和解・認諾での離婚が成立した場合でも、離婚裁判訴訟の申立人は、和解・認諾の離婚確定日を含め、10日以内に「離婚届」「調書の謄本」を所轄の市区町村役場へ提出しなければなりません。

たとえ、調書には法的効力があるとはいえども、離婚には、離婚届の提出は必要となりますので注意が必要なところです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ