ギャンブルや借金で離婚

離婚の動機や結果的な理由は、様々なものがありますが、その1つのきっかけとして、「ギャンブル」や「借金苦」などに耐えきれずといったケースも多いようです。

パチンコや競馬などのギャンブル、買い物依存症などが発端で「消費者金融」から少しずつ借り入れ、気がつくと「大きな借金」になっていたというケースが問題になることも多いようですが、このような場合は、どのような解決策や対応策があるのでしょうか。

ギャンブル・借金での離婚は可能?

「ある日突然、大きな借金が発覚した」「借金の支払いが遅れ続けて返済金額が莫大になってしまった」というケースも意外と多いようです。

借金も夫婦が一緒につくったものと見なされる?!

「借金したという事実」そのものが離婚原因として判断されるかは、その程度で判断される問題でしょうが、とはいえ、法的には「夫婦はお互いに協力し、生活費を分担する」という義務があります。

つまり、借金やギャンブルで

  • 生活費を全く入れない
  • 回復が不可能なほどに生活が破綻した

ということであれば、

「婚姻を継続しがたい重大な事由」または「悪意の遺棄」として離婚原因となる可能性があります。

しかし、「夫婦が協力することで、回復は可能と判断される金額」と判断されてしまえば、借金のみが原因で離婚することは難しいようです。

離婚時の借金の清算

夫婦が二人でつくった住宅ローンなどの借金は、離婚するときにお互いが半分ずつ負担するのが原則であり、連帯債務者や連帯保証人は、借入先から請求されても拒むことはできません。

しかし、消費者金融などの借金していた場合は、少し考え方が異なることもあります。

基本的には、「遊びに使った借金は、遊びに使った人が支払うのは常識的」というお気持ちは分かります。

しかし、このようなケースの場合、「どこまでが生活費」で「どこまでが交遊費」かが不明確だったとすると、全ての支払いを拒むことは難しいかもしれません。

住宅ローンなどの場合は、債務者名義や財産分与、慰謝料なども含めて考えるケースもあるので、一概には言えませんが、夫が住宅をローンつきで負担し、妻は金銭をもらうといったケースもあるようです。
※共有名義の場合は、銀行などの金融機関との問題もありますので、注意が必要です。

配偶者の怠惰な生活

民法の解釈では、

  • 夫婦は互いに協力し扶助しなければならない
  • 夫婦はその資産・収入その他の一切の事情を考慮して分担する

とされています。

つまり、こういった法的趣旨に大きく反した「配偶者の怠惰な生活実態」があるならば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」のひとつにあたるとも考えられます。

しかし、「お互いに協力し助け合い、頑張れば何とかやっていける」というような生活と判断されれば、離婚原因とまで判断されることは難しいようです。

明らかに一方が「なまけもので頑張る意思がみじんも感じられない」などと判断された場合であれば、離婚原因の一つになることもあります。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ