弁護士に相談する

離婚について考えはじめたが、

「何をどうしたらいいかわからない」「こんなときにはどうすればいいのだろう」など、

疑問や不安でいっぱいになっている方も多いのではないでしょうか?

離婚は、お互いのプライバシーが関係するとてもデリケートな問題なので、家族や友人などでも、周りに相談できる人がいないという方は非常にたくさんいらっしゃいます。

まず早めに弁護士に相談

あなたは、現在、自分自身で離婚の手続きをしようとしてますか?そして、それが進んでますか?

離婚は法的に受け入れられる考え方とそうでないものも多く、一人で全てを把握し、あなたの希望する着地点にたどりつくには大変な手続きがたくさんあります。

弁護士に依頼するメリット

夫婦がともに離婚に同意しているのであれば、離婚届を提出するだけで離婚は成立します。

しかし、財産分与や慰謝料・親権などをめぐって、意見が食い違い、法的な判断が必要となる場合であれば、法律の専門家である弁護士に依頼して解決してもらうことになるでしょう。

弁護士は、申立書や訴状などの法的手続きに必要な書類の作成し、その知識と経験で調停や裁判をより有利に、よりスムーズに進めてくれる存在です。

弁護士依頼のデメリット

弁護士に依頼する上での明確なデメリットといえば、

「多少費用が高くなってしまう」

といったことでしょう。

しかし、これもあなたの考え方によっては、自分自身の負担(心身的なストレス)や作業の手間に比べると決して高いものとはいえないかもしれません。

これは、たとえ話し合いによる協議離婚であっても、専門家からのアドバイスはとても有効で心強いものなのですから。

プロの中のプロ。離婚弁護士

テレビドラマのような話しに聞こえてしまうかもしれませんが、弁護士の中でも「離婚弁護士」といわれる専門家(プロ中のプロ)がいます。

あなたも、離婚問題の解決を任せるなら、このような専門家に任せられればいいのですが、とはいえ、任せっぱなしでは、勝てる勝負も勝てなくなってしまうかもしれません。
それは、あなたの相手も同じくプロの弁護士に依頼するかもしれないからです。

しかし、だからといってここであまり悩みこむ必要はありません。

弁護士といえ、依頼人の意向にそって裁判・協議をするのですから、依頼人がある程度納得する条件で離婚を進めてくれます。

つまり、あなたの想いや望みを現実の形に最も近づけてくれる存在という事です。

もちろん、スムーズに離婚をす成立させるためには、弁護士の力だけではなく、あなた自身も依頼人としての力(行動力)も必要とされる。

いずれにせよ、あなたが現在、離婚について何らかの悩みや不安要素があるのであれば、一度、弁護士への相談をしてみる事をおすすめします。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ