探偵への調査依頼

探偵といえば「浮気の尾行調査」というイメージが、最初に浮かぶかもしれません。

その探偵へ調査を依頼すれば、対象者に気付かれることなく、さまざまな調査をすることができます。
では、いったい、その「探偵」どんなことが依頼できるのでしょうか。

探偵の仕事は浮気調査だけじゃない

探偵に依頼できる仕事の内容は「浮気調査」に限ったことではありません。

また、「浮気調査」に関連する仕事の内容だけでも多種多様なものがあります。

  • 浮気相手についての詳細な情報(素性)を知りたい
  • 夫(妻)が蒸発したので現在の所在地を知りたい
  • 養育費を払わない相手の給料差押えのために勤務先を知りたい
  • 隠し子の存在を知りたい

などなど、あげていけばキリがありませんが、浮気・離婚に関係する項目だけでもこれほどあるのです。

上記の項目など、探偵に依頼すれば、調査対象の相手には知られずに調べることが可能です。

こうして考えると、現在お悩みの問題解決の手がかりをつかむなど、必要に応じて力になってもらえるものだという事が分かります。

探偵に浮気調査を依頼する

探偵への依頼内容で、もっとも多いといえば、

やはり「離婚を有利に進めるためにも、浮気の証拠を押さえてほしい」という依頼のようです。

「配偶者の不貞行為」は「法定離婚原因」の代表格でもあります。

この場合に「不貞の証拠」の有無は、慰謝料や判決・その他に大きな差がでてきます。

調査方法としては

  • 張り込み
  • 尾行
  • 撮影

など、イメージの「探偵」に限りなく近い「行動調査」がおこなわれます。

不貞の証拠をおさえる
浮気相手を特定する

浮気の証拠をおさえる前に、

  • 浮気相手が誰なのか見当もつかない
  • 怪しくはあるが、断言することができない

という場合もあります。

こういったケースでは、「怪しいと思われる日時に張り込み・尾行」をおこなう行動調査が基本となるようです。

浮気していることが確実で、しかも、その浮気相手の情報もある程度揃っていれば、

そこから、さらに関連するさまざまな調査を依頼することも可能になります。

浮気相手の素性を調べる

浮気調査の結果として浮気現場をおさえ、写真撮影できたとしても、さらに浮気調査が続くこともあります。

もちろん、依頼者次第となのですが、「離婚理由の証拠」として考えている場合であれば、

ひとつの証拠よりも複数の証拠があるほうが有利だという事は当然理解できます。

しかも、浮気相手に慰謝料を請求するなど、浮気相手が「既婚」なのか「未婚」なのか、「勤務先」などの情報があることで、

有利な立場で慰謝料請求や離婚の手続きを進めることもできるのです。

配偶者の転居先を調べる

「愛人と一緒に暮らすために家を出ていってしまった」というようなケースもあるようです。

別居後にその後の連絡手段が絶たれてしまっては手の打ちようが無くなってしまいます。

「話し合い」もできない上に、精神的にも落ち着かない状態にもなりかねません。

仮にこういったケースであれば、

「相手の退社後などを尾行する」といった行動調査を探偵に依頼する事で、帰宅先やその他の情報を調査することができます。

上記の例はあくまで一般的なものなので、これ以外の方法や一般人には予想もつかない独自のノウハウで調査してくれるのが「探偵」なのです。

ここで、注意するべき事は、

浮気調査や証拠取りを「自分でもできる」と勘違いしてしまう方もいます。

しかし、このようなケースで多いのが、仮にある程度の情報を得られたとしても、

結果的に「調査していることがバレてしまった」となってしまっては元も子もありません。

やはり、専門的な分野の仕事は専門家へ依頼することをおすすめしています。

その他、探偵に依頼する時に知っておいた方が良い事、おさえるべきポイントなどをまとめてますので、参考にしてみてください。

読んでいただきたい関連項目

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ