浮気・不倫で離婚を考えはじめる

もしも、あなたが「これは浮気している!はず?!」と直感的に思ったとしても、もしかすると勘違いなのかもしれません。
言動にいくつか「怪しい」と思い当たることがあったとしても、どのように、確信して証明すればいいのでしょうか。

不貞行為の事実となる「浮気現場」などの証拠を「どのようにしてつかむのか」ということは、誰でも思い悩むところです。
ご自身だけの判断と行動の結果、夫婦の信頼関係が崩れてしまえば元も子もありません。

そこで、浮気と確定できる証拠とは「どんなものが有効なのか」、
そして、証拠を手にする時には「どんな点に注意すべきか」を自分で調べたり、探偵社などに調査依頼する前に知っておくといいかもしれません。

浮気・不倫=「不貞行為」

夫婦関係を破綻させる原因の代表でもある「不貞行為」とは、

法律的には「肉体関係=性行為」とされています。

異性との食事・お酒を飲むといった行為自体だけでは、たとえ、「密接な関係」だと感じられたとしても「不貞行為」にはあたらないのです。

しかし、程度や頻度によっては、法廷離婚原因の「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するものとして裁判離婚が認められる可能性はあるようです。

不貞行為は、代表的な離婚原因

基本的には、配偶者が不貞行為の事実があった場合であれば、「離婚」は認められるでしょう。

とはいえ、これもケースバイケースで、回数や反省の度合いなどから「修復の可能性がある」と判断されて「離婚」が認められなかったというケースもあるようです。

不貞の証拠とは?

「異性と一緒に食事をしている写真」では、調停や裁判での「決定的な不貞の証拠」とはならないでしょう。

  • 浮気相手と「一緒にラブホテルに入る・出る」瞬間の写真
  • 浮気相手との「車中での性行為」の写真

であれば「決定的な不貞の証拠」とみなされます。

さらに、その不貞行為が一度ではなく複数回であれば、「不貞行為の継続性」を示すことになり、証拠能力はより高まります。

浮気相手の自宅に頻繁に通っている場合
  • 配偶者が「浮気相手宅に入る・出る」場面の写真
  • 浮気相手宅から「浮気相手が自宅を出入り」している写真
  • それら証拠写真が「1日に限定せず複数日にわたって撮影」した写真

このように「はっきり浮気を確認できる写真」があれば、不貞の証拠能力は高まります。

しかし、どのような反論をされるかにより、結果は異なるので「決定的」とは断言はできません。

また、盗聴録音などの違法な手段による証拠は、裁判所からは直接証拠として認められない場合もあるようですし、 ねつ造が簡単にできるデータも原則として証拠能力はないようです。

ホテルの領収書は証拠となる?

調停・裁判で「不貞事実」と認定されるには、肉体関係があったことを証明しなくてはなりません。

状況証拠を突きつけて「相手の事白」を記録すれば、有利な条件で解決できる可能性もあります。

ホテルの領収書などを、矛盾することなく積みあげていき、総合的に判断されることで「有効な証拠」にもなりえるようです。

相手に気付かれるような行動は厳禁

不貞行為が原因での離婚には、いくら「証拠集めが大事」だからといっても、経験も無い人が「ただ漠然と行動してしまう」ような方法はおすすめできません。

  • 自ら尾行や張り込みをしてバレてしまった
  • パソコンや携帯を盗み見したことで、ロックをかけられた
  • あまりに行き先をしつこく聞いて警戒された
  • 携帯電話の履歴にあった番号へしつこく電話して、電話番号を変えられた

「証拠集め」に焦り、没頭してしまったばっかりに、このようになっては、
不貞事実を突き止めるどころか、警戒心も当然のように強くなるので、その後に「探偵へ調査依頼しても満足な証拠が得られない」といったことも考えられます。

もしも、あなたが「浮気調査」を考えているのであれば、やはり探偵や興信所などの専門家にお任せするのが最も確率も高く賢い方法といえます。

あなたができる証拠集め

ここで、仮に探偵などに浮気調査を依頼することにしても、「あなたができること」「あなたにしかできないこと」はあります。

普段の日常生活で感じた「不貞の証拠」になりそうなものは、気付かれぬように「細心の注意」をしながら保管するようにするといかもしれません。

  • 領収書     日時、支払い内容までの詳細な情報
  • 写 真     浮気相手とのツーショット写真など
  • 手 紙     疑わしい手紙は残しておく(浮気相手の自筆は効果的)
  • メ モ     密会していた時の情報(ホテル料金や外泊した日付など)

その他、着信履歴、電子メールなど、小さな物でも保管しておくといいかもしれません。

電話の盗聴やメールのコピーなどは、基本的に証拠にはならないようなのですが、他の証拠と合わせて総合的に判断してもらう上での材料にはなるでしょう。

無理に携帯電話や手帳を覗き見たりすれば、警戒心を高めてしまう場合もあるので、その後の浮気調査に悪影響が及ばぬように注意したいところですね。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

明日もまた頑張って良いコンテンツづくりに励むことができます。
 
本ページ情報が参考になりましたら今後とも応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
アンケートのご協力をお願いいたします。

あわせて読んでおきたい用語解説・関連コラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ